機能 機能の概要

機能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/20 07:18 UTC 版)

また、そうした役割を果たすこと[1]。たとえば「機能する」とか「腸が機能していない」などと使う。

社会学

社会学において、「機能」はあるシステム目的に対し何らかのかたちで貢献するか否かという視点から捉えたシステム全体または一部の作用をさす[要出典][注釈 1]

IT

「機能要件」(: functional requirement)と言うと、ソフトウェアや情報システムの開発時に定義される要件のうち、機能に関するもののこと[2]。たとえば扱えるデータのタイプ、処理の内容、画面表示や帳票出力の形式、等々である。この「機能要件」という分類に対して、「非機能要件」(: non-functional requirement)という分類があり、それは信頼性・セキュリティ・拡張性・運用性などに関する要件のことである[2]

システム開発において「機能テスト」とは、開発時に行われるシステムテストのひとつで、ユーザー側から要求された機能(機能要件)をシステムが満足しているかどうかを検証するテストのことである[3]。しばしば入力されたテストデータと出力結果について(のみに)着目してそれを検証するブラックボックステスト英語版が用いられ、システム内部で行われる具体的処理手順については調べないことが多い[3]

参考文献

関連項目

外部リンク


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、機能主義 (社会学)では慣習制度などの個々の文化要素を全体に対する機能の究明によって理解を図るため、非常に重要視され、人間の生存に役立つかどうかにより正機能と逆機能に分類される。

出典

  1. ^ a b c 「機能」『広辞苑岩波書店[いつ?]、第六版、[要ページ番号]
  2. ^ a b 機能要件とは|functional requirement : 意味-定義 - IT用語辞典”. 株式会社インセプト (2012年7月14日). 2017年4月17日閲覧。
  3. ^ a b 機能テストとは (functional test) きのうテスト: - IT用語辞典バイナリ”. Weblio. 2017年4月17日閲覧。


「機能」の続きの解説一覧





機能と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「機能」に関係したコラム

  • CFDで自動売買するには

    CFDで自動売買するには、CFD業者の提供する取引ツールに自動売買の機能が付いていることが条件になります。2012年7月現在、自動売買の機能が付いている取引ツールを提供しているCFD業者はGCIフィナ...

  • CFDの取引ツールの比較

    CFD業者では、CFD取引のためにチャートやテクニカル指標などを表示するツールを用意しています。ここではCFD業者の取引ツールを紹介します。▼DMM.com「PRO TRADE」、「SIMPLE TR...

  • FXのチャート分析ソフトMT4とは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、ロシアのMetaQuotesSoftwareが開発したソフトウェアです。MT4は無料で公開され、だれでも自由に利用...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のインディケーターとは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のインディケーターとは、チャートを分析するためのテクニカル指標のことです。MT4のインディケーターには、罫線分析ツール...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でティックを表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)でティックを表示する方法を紹介します。▼MT4のティック機能を使う方法MT4のメニューから「表示」、「気配値表示」を選...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「機能」の関連用語

機能のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クレベランドセージ

オーバル

クラックルビーズ

頤和園

よこね田んぼ

ふたつ包み

スティーブ・ジョブズ

ポルテ





機能のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS