天孫降臨 考察

天孫降臨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 18:38 UTC 版)

考察

  •  谷有ニは伝説の地をクシフルに音の似た九重連峰や久住山とする説等を紹介している。谷自身は、高千穂を「高い山」の意とし、添(ソホリ)がソウルと同じ王の都であるなど韓国との関連を示す記載と前述の瓊々杵尊の言葉から、本来は九州北部が伝説の地であったが、政策上の都合で九州南部に移動したとしている。また、谷はソホリに「大きい」の意のクがついたものがクシフルである可能性とカシハラとの類似性も指摘している[10]
  •  日本書紀に「日向の襲の高千穂の峯に天降ります」とあるが、この「襲」については、同じく日本書紀の景行天皇13年5月条に、「襲国平定」と記されてある。「襲国(曽国)」[11]とは古代の南九州に居住した熊襲 (球磨贈於) といわれ、後に隼人と呼ばれた人々の本拠地とされる[12]
  •  古田武彦は福岡県の日向峠(笠沙岬の真北)を天孫降臨の伝説の発祥地とする。
  •  なお、その他にもクシフルの比定地は多くある。クシフルと同様、ソウルが変化したとされる脊振山(セフリサン)は、福岡県と佐賀県の境にあって、韓国(カラクニ)、朝鮮半島南部が対馬の向こうに見える山である[13]

外部リンク


ノート

  1. ^ 『日本書紀』第九段本文
  2. ^ 『日本書紀』第九段一書
  3. ^ 小学館 大辞泉 『熊襲 くまそ』コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E7%86%8A%E8%A5%B2-55947 
  4. ^ 『襲国』コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E8%A5%B2%E5%9B%BD-554978 
  5. ^ 日本書紀 30巻. 国立国会図書館
  6. ^ 訓読日本書紀. 中 黒板勝美 (岩波書店) p.7 国立国会図書館
  7. ^ 宮川了篤 (2011). “平成二十二年一月二十七日 最終講義 日蓮宗修法史概説 (宮川了篤先生退職記念号)”. 身延論叢 16. http://doi.org/10.15054/00000290.  p.15-16
  8. ^ 神道大辞典 第二卷』平凡社 p.125(国立国会図書館)
  9. ^ 訓讀日本書紀. 上巻 (黒板勝美著 国立国会図書館)
  10. ^ 谷有ニ‐日本近代の《朝鮮観》 .rshttps://archives.bukkyo-u.ac.jp › rp-contentsPDF
  11. ^ 『襲国』コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E8%A5%B2%E5%9B%BD-554978 
  12. ^ 小学館 大辞泉 『熊襲 くまそ』コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E7%86%8A%E8%A5%B2-55947 
  13. ^ 古代北九州と朝鮮半島南部との共同文化圏について - SEIKEI ... http://repository.seikei.ac.jp › dspace › asia-43_81-97PDF 金政起
  14. ^ 澤田洋太郎『日本語形成の謎に迫る』(新泉社、1999年)、澤田洋太郎『アジア史の中のヤマト民族』(新泉社、1999年)
  15. ^ http://gijyuku.634tv.com › pdf › gisyoPDF 詔旨子細採□【手庶】然上古之時言意並朴敷文構句於字即難已因訓述者詞不逮心全以音連者事 ... 以後、朝鮮神話・北方民族神話との類似性を指摘した三品彰英
  1. ^ 神武天皇「昔我天神高皇産霊尊大日孁尊擧此豊葦原瑞穂国而授我天祖彦火瓊瓊杵尊。」(日本書紀第3巻)[5]とある。昔に、天神、高皇産霊尊、大日孁尊はこの豊葦原瑞穂国を、私の先祖である瓊瓊杵尊にお与えになった、という意味[6]
  2. ^ これらの神々を「三十二神」と総称することがある[7][8]
  3. ^ 大祓詞にも同じ記述がある。


「天孫降臨」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天孫降臨」の関連用語

天孫降臨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天孫降臨のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天孫降臨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS