ノジギク ノジギクの概要

ノジギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/12 04:52 UTC 版)

ノジギク
ノジギク
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: キク属 Chrysanthemum
: ノジギク C. japonense
学名
Chrysanthemum japonense (Makino) Nakai
和名
ノジギク(野路菊)

分布

日本在来種で、本州兵庫県以西)・四国九州瀬戸内海太平洋沿岸近くの山野などに自生する[2]

概要

草丈は50cmほどで、よく枝分かれをして群落を形成する。の基部は倒れて、上部が斜上することが多いが、傾斜地などでは懸崖状になる。は互生し、長さ3-5cm、幅2-4cmほど。形状は広卵形で、5(または3)中裂して鋸歯がある。裏面に毛が生えており白っぽく見える。

短日植物で、開花時期は10月下旬から11月。直径3-5cmの花(頭状花序)をつけ、白色の舌状花と黄色の筒状花をもつ。舌状花の形や数は、個体によってかなりの差が見られる。咲き終わりには舌状花は赤みを帯びる。種子は春に発芽し、越冬した茎からは新芽が出て大株になる。

小菊の原種の一つ。イエギクの原種とも言われたが[2]、在来種で中国には自生していないことから、この考えは否定されている。リュウノウギク Chrysanthemum japonicum やシマカンギク Chrysanthemum indicum などと形態が良く似ており、ノジギク(2n=54)の祖先はリュウノウギク(2n=18)とシマカンギク(2n=36)ではないかとする研究がある[2]。また、シマカンギクと交雑することが確認されており、遺伝子汚染が危惧されている。

変種

ノジギクの葉は生育域によって変異が見られる[2]。豊後水道付近のノジギクは葉裏に白っぽい毛が密集しているのに対して、瀬戸内海沿岸のノジギクは葉が薄くて裏面の毛が少ない[2]。後者は、変種のセトノジギクと呼ばれることもある[2]

  • セトノジギク Chrysanthemum japonense var. debile - 本州・四国・九州の瀬戸内海沿岸に分布。ノジギクより葉が薄い。
  • アシズリノジギク Chrysanthemum japonense var. ashizuriense - 高知県の足摺岬や愛媛県などに分布。ノジギクに比べて葉は小さく厚く、3中裂する。裏には白い毛が多く表のふちが白い。頭花は小さくて多数つき、総苞片にも白毛が密生する。

  1. ^ a b 兵庫県の花 のじぎく”. 兵庫県. 2023年1月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f どこから来たの?ノジギク”. 姫路科学館. 2023年1月12日閲覧。


「ノジギク」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノジギク」の関連用語

ノジギクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノジギクのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノジギク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS