M500とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > M500の意味・解説 

【M500】(えむごひゃく)

  1. S&W M500
    アメリカのスミス・アンド・ウェッソン社が生産する巨大回転式拳銃
    量産されている拳銃としては世界最強とされている。
    専用のXフレーム.500S&Wマグナム弾(口径12.7mm)を採用し、装弾数は5発。
    初活力.44マグナムの3倍にも相当するとされており、それゆえ発射時には射手にまで危害が及ぶともいわれる
    一方で弾丸空気抵抗大きく着弾時点での運動エネルギーにさほどの優位はないとする指摘もある。
    派生型として、使用弾を.460S&Wマグナム変更したM460が存在する。

    【スペックデータ】
    口径:.50口径
    全長:381mm
    重量:2,055g
    装弾数:5発
    使用弾薬.500S&Wマグナム弾
    作動方式ダブルアクション
    銃口初速:506.9m/s

  2. Mossberg M500
    アメリカモスバーグ社が製造するポンプアクション式の散弾銃
    アメリカ三大散弾銃一つとして数えられ、軍・警察民間を問わず広く使われている。
    構造的には他のポンプアクション散弾銃大差はないが、工具なしで銃身交換できる点が特徴である。
    バリエーションのM590はアメリカ軍向けに着剣機構持ちM7またはM9銃剣装着可能となっている。
    民間型のM500も米軍採用されている)
    日本海上保安庁では非常時用として採用され、中型クラス巡視艇搭載されている。

    【スペックデータ】
    全長:1,003mm/730mm(クルーザー
    重量:3.06kg/2.06kg(クルーザー
    装弾数:6~8発
    作動方式ポンプアクション
    使用弾薬:12/16/20ゲージ、.410ゲージ

    バリエーション
    ・M500A:基本形口径12番、装弾数5発。
    ・M500B:口径16番。
    ・M500C:口径20番。
    ・M500D:口径.410インチ

    ・M500スラッグスター:スラッグ弾用の長銃身型。
    ・M500タクティカル:ピストルグリップ装着型。
    ・M500クルーザー警察等の車載用として銃床をなくした型。
    ・M500マリーン海上用にクロムめっき施した型。
    ・M500パースウェイダー:装弾数8発のライアットガン
    ・M500EP:銃身短縮したソードオフ型。装弾数2発。
    ・M500ブルパップ:先台・銃把ともにピストルグリップ形をしている。

    ・M590:軍用型。装弾数6発または9発で着剣機構備える。
    ・M590A1:一部樹脂部品アルミ合金変更するなど、耐久性強化した型。
    ・M590A1アジャスタブル:M590A1のピストルグリップ装着型。
    ・M590A1マリナー:M590A1のクロムめっき型。

m500a.jpg

Photo:MASDF

M500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/27 08:54 UTC 版)

M500

  1. スミス&ウェッソン社が2003年に開発し、発表した世界最強の拳銃であるS&W M500のこと。
  2. モスバーグ社製の散弾銃M590の民間向けモデルであるモスバーグM500のこと。
  3. ウルティメイト・アキュラシー社が開発した対物ライフルであるレイ M500のこと。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「M500」の関連用語

M500のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



M500のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのM500 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS