黒鶴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > 黒鶴の意味・解説 

くろ づる [0] 【黒鶴】

ツル目ツル科全長1.1メートル 内外。体は淡灰色で首は黒く、目の後ろから白い縦帯がのびる。ヨーロッパ北部からシベリア東部にかけて繁殖し、日本には、冬、他のツル群れにまじって少数渡来する。

黒鶴

読み方:クロズル(kurozuru)

ツル科渡り鳥

学名 Grus grus


黒鶴

読み方:クロズル(kurozuru)

全体鼠色

季節

分類 動物


クロヅル

(黒鶴 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 01:36 UTC 版)

クロヅル(黒鶴[1]Grus grus)は、ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類。学名の grusラテン語で「ツル」という意味である[2]


  1. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、301頁。
  2. ^ a b c d e 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、199頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥 増補改訂版』、文一総合出版、2009年、163頁。
  4. ^ a b c d e f g 高野伸二 『カラー写真による 日本産鳥類図鑑』、東海大学出版会、1981年、250頁。
  5. ^ a b c d e f g h i 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、192頁。
  6. ^ a b 日本鳥学会 『日本鳥類目録 改訂第6版』、日本鳥学会、2000年、79頁。
  7. ^ a b c d 文一総合出版編 『BIRDER 1996年1月号』 第10巻1号(通巻108号)、文一総合出版、1995年、20-21頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、38、159頁。
  9. ^ Brazil, Mark (2009). Birds of East Asia. Princeton University Press. p. p. 252. ISBN 978 0 691 13926 5. 
  10. ^ a b 高野伸二 『野鳥識別ハンドブック』改訂版、日本野鳥の会、1983年、116-118頁。


「クロヅル」の続きの解説一覧



黒鶴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒鶴」の関連用語

黒鶴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒鶴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロヅル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS