犬猫とは? わかりやすく解説

犬猫

原題:
製作国:日本
製作年:2001
配給:オンナコドモフィルムズ、ぴあ
スタッフ
監督:井口奈己 イグチナミ
プロデューサー:井口博子 イグチヒロコ
脚本:井口奈己 イグチナミ
撮影:鈴木昭彦 スズキアキヒコ
キャスト(役名
小松留美 コマツルミ (ヨーコ
塩野谷恵子 シオノヤケイコ (スズ
鈴木卓爾 スズキタクジ
川原啓介 カワハラケイスケ
阿部美奈子 
小林花よ コバヤシハナヨ
矢口史靖 ヤグチシノブ
猫田直 ネコタナオ
内屋敷保 ウチヤシキタモツ
関口里織 セキグチサオリ
解説
ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード企画賞を受賞した新鋭女流監督井口奈己デビュー作妙にねじれた女の子同士友情時にキュートに、時にリアルに、そして切なく展開する日本製ガ-リ-・ム-ビ-。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
永らくお世話になりました」。そう告げてある日突然スズ恋人暮らしていたアパートを去る。鞄ひとつで転がり込んだのは、女友達アベちゃん一軒家。が、アベちゃん明日から中国旅立ち、その留守ヨーコ預かることがすでに決まっていた。スズヨーコ中学時代からの知り合い。しかし、なぜかいつも同じ人を好きになり、嫌い合っていた仲だった。ふたりはひとつ屋根の下で、波乱含み同居生活を始める。

犬猫

原題:
製作国:日本
製作年:2004
配給:ビターズ・エンド
スタッフ
監督:井口奈己 イグチナミ
プロデューサー:榎本憲男 エノモトノリオ

西ケ谷寿一 ニシガヤトシカズ
脚本:井口奈己 イグチナミ
撮影:井口奈己 イグチナミ

鈴木昭彦 スズキアキヒコ
音楽:鈴木惣一郎 スズキソウイチロウ
美術:松塚隆史 マツヅカタカシ
録音:真弓信吾 マユミシンゴ
その他:湯川潮音 ユカワシオネ

中澤正英 ナカザワマサヒデ

橋本庸子 ハシモトヨウコ
照明:臼井勝 ウスイマサル
キャスト(役名
榎本加奈子 エノモトカナコ (ヨーコ
藤田陽子 フジタヨウコ (スズ
忍成修吾 オシナリシュウゴ (三鷹
小池栄子 コイケエイコ (アベチャン)
西島秀俊 ニシジマヒデトシ (古田
小松留美 コマツルミ (関口
三浦義親 ミウラヨシノリ (花屋店員
塩谷恵子 シオノヤケイコ (スーパーの店員
矢口純子 ヤグチジュンコ (石沢
井口昇 イグチノボル (バスの男)
解説
東京近郊静かな街一軒家で、ひょんなことから一緒に暮らすことになった対照的な女の子日常優しく丁寧に綴るぴあフィルムフェスティバル2001企画賞を受賞し8mmながらもレイトショー公開され話題呼んだ「犬猫」を、井口奈己監督自身の手でリメイク出演榎本加奈子藤田陽子
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
東京近郊静かな街一軒家写真勉強をするため中国留学する友人アベチャン(小池栄子)の、留守宅預かることになったヨーコ榎本加奈子)。そこへ、同棲中の恋人古田西島秀俊)の家を出てきたスズ藤田陽子)が、転がり込んできた。幼なじみとはいえヨーコスズはあまり仲がよくない男の趣味同じでヨーコ好きな人はいつもスズがとってしまってきたからだ。スズ天真爛漫な女の子で、飼い猫ムーの面倒を主にみる。黒ブチメガネをかけたヨーコマイペースだけどしっかり者で、毎日コンビニバイト行っているバイト仲間三鷹忍成修吾)が気になるのだが、なかなかきっかけがつかめない。ふたり暮しもようやく落ち着いてきた頃、古田スズ探してアベチャン宅を訪ねてきた留守番をしていたヨーコは、「よくアタシ聞きにこれるね!」と不機嫌に。どうやらこのふたり、過去に何かがあったらしい。スズピアノ先生バイトをしようと面接に行くが、タッチの差別の人に決まってしまう。代わりに引き受けた犬の散歩バイト途中で引きずられて足をくじいてしまい、偶然通りかかっ三鷹スズ助けて接近スズあっけらかんと「3人食事しよ」と、三鷹を家に連れてきてしまう。仲良く喋るスズ三鷹見てヨーコはむしゃしゃして仕方がないコンタクト装着して家を飛び出ると、向かうのは古田のもと。「今晩泊めてと言うヨーコに、「それは複雑になりすぎるでしょ」と答え古田は、ヨーコ部屋残してファミレスへ。一方さすがに三鷹帰ってもらったスズは、ヨーコのために徹夜でケーキ作り始める。そしてふたりは、久しぶりにひとりきりの夜を過ごす。翌朝朝帰りしたヨーコスズ爆弾発言を。「昨日古田寝たよ」。とうとうキレたスズヨーコワインぶっかけて今度スズが家を飛び出した

犬猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/12 20:54 UTC 版)

犬猫(いぬねこ)




「犬猫」の続きの解説一覧

犬・ 猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:34 UTC 版)

食のタブー」の記事における「犬・ 猫」の解説

イスラム教徒ムスリム)やユダヤ教では、肉食獣食用にすることを禁じているため、)・ともにこの禁制適応される犬 食文化についての詳細は「犬食文化を参照。 「犬食文化」をもつ国々では、ペットとして飼う一方で食用にもしており朝鮮半島ヌロンイハワイハワイアン・ポイ・ドッグメキシココリマ・ドッグ南アメリカテチチのような食肉専用犬種作出された。しかし、を主に愛玩動物とみなす近代欧米習慣浸透するにつれ、文化摩擦引き起こす例がある。 日本おいても中世以前においては赤犬などがしばしば食用されていた。しかし、江戸時代途中から徳川綱吉による生類憐れみの令影響により禁忌となった明治以降では太平洋戦争後の食糧難一時期除いて食用とする文化ごく一部除いてなくなっている。 猫 食文化についての詳細は「猫食文化を参照イエネコ食用とするタブーは、人類身近な愛玩動物食肉として扱うという点で犬食タブーとの類似点が多い。猫食文化世界中に散見され飢饉経済的窮乏関係なく猫肉嗜む文化存在するが、同じく愛護団体からの抗議運動起こっている。 BBCは、2015年中国天津市民家食用200匹が保管されいた事件について、「中国では、食は広くタブーとされているものの、いまだ農村地帯では食されている」と説明しながら、インターネット上で食用にすることについて抗議活動発生した報道した

※この「犬・ 猫」の解説は、「食のタブー」の解説の一部です。
「犬・ 猫」を含む「食のタブー」の記事については、「食のタブー」の概要を参照ください。


犬・猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 22:39 UTC 版)

オペレーションサンダーボルト」の記事における「犬・猫」の解説

時々画面内を横切る。撃つとアイテム放出する

※この「犬・猫」の解説は、「オペレーションサンダーボルト」の解説の一部です。
「犬・猫」を含む「オペレーションサンダーボルト」の記事については、「オペレーションサンダーボルト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「犬猫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「犬猫」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

犬猫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犬猫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの犬猫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食のタブー (改訂履歴)、オペレーションサンダーボルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS