寿貞尼とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > 寿貞尼の意味・解説 

寿貞尼

じゅていに

生年不詳元禄7年6月2日

判明している中では芭蕉愛し唯一の女性出自不祥だが、芭蕉と同じ伊賀出身で、伊賀在住時において「二人好い仲」だった。江戸に出た芭蕉追って彼女も江戸に出てきて、その後同棲していたとする説がある。ともあれ事実として、寿貞は、一男二郎兵衛二女(まさ・ふう)をもつが彼らは芭蕉の種ではないらしい。 「尼」をつけて呼ばれるが、いつ脱俗したのかなども不明芭蕉との関係は若いときからだという説、妾であったとする説などがあるが詳細は不明。ただ、芭蕉が彼女を愛していたことは、『松村猪兵衛宛真蹟書簡』や、「数ならぬ身となおもひそ玉祭」などの句に激しく表出されていることから読み取ることができる 。ただし、それらを異性への愛とばかり断定できない
寿貞は、芭蕉二郎兵衛伴って最後に上方に上っていた元禄7年6月2日深川芭蕉庵にて死去享年不詳。芭蕉は、6月8日京都嵯峨去来別邸落柿舎にてこれを知る。 なお、伊賀上野念仏時の過去帳には、元禄7年6月2日の條に中尾源左衛門施主になって「誉寿貞」という人の葬儀がとり行われたという記述があるという。言うまでもなくこの人こそ寿貞尼であるが、 「6月2日」は出来過ぎである。後世捏造したものであろう。 寿貞尼の芭蕉妾説は、風律稿『こばなし』のなかで他ならぬ門人野坡が語った話として、「寿貞は翁の若き時の妾にてとく尼になりしなり 。その子二郎兵衛もつかい申されし由。浅談。」(風律著『小ばなし』)が残っていることによる。 これによれば二郎兵衛芭蕉の種ではなく、寿貞が連れ子母親一緒に身辺世話をさせたということと、寿貞には他に夫または男がいたことになる。ただし、野坡門弟中最も若い人なので、芭蕉若い時を知る由も無い。だから、これが事実とすれば野坡誰か先輩門弟から聞いたということになる。

浅談浅尾庵野坡のこと。

風律著『小ばなし』:風律は多賀庵風律という広島俳人。ただし、本書現存しない。

芭蕉の種:寿貞の子供達は猶子桃印芭蕉甥)を父親とするという説もある。この説は、芭蕉妾説と同根である。すなわち、芭蕉の婚外の妻として同居していた寿貞と桃印不倫をして駆け落ちをした。そうして彼ら二人の間に出来たのが二郎兵衛三人の子供だというのである出奔した二人は、よほど後になって尾羽打ちはらして芭蕉の下に戻ってきた。そのときには桃印結核の病を得ていたという。 なお、この説では、芭蕉深川隠棲のもとになったのも彼ら二人駆け落ち事件が絡んでいたともいう。すなわち、駆け落ちをして行方不明になった桃印は、藤堂藩人別帳チェック出来なくなったので、芭蕉困り果てて、桃印死亡したことにしてしまった。そこで、一家日本橋に住むことは不都合となって、芭蕉仕方なく深川転居したのだというのである



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寿貞尼」の関連用語

寿貞尼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



寿貞尼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.

©2019 Weblio RSS