ペプシノゲンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > ペプシノゲンの意味・解説 

ペプシノゲン

 ペプシノゲン(PG)は、胃液含まれる消化酵素ペプシン」のもととなる物質で、産生する場所からⅠと分けられます。PGⅠは主に胃酸作る部位から、PGは胃全体から分泌されます。ほとんどは胃内に分泌されますが、一部血液中に移行するため、血液中のPGⅠPG調べることによって胃の異常を知ることができます
 ピロリ菌感染などで胃粘膜炎症が起こると血中PGⅠPGがともに増加します。さらに、胃の炎症進んで胃粘膜萎縮して少なくなると、PGⅠ減少してPGⅠ/比も低下します。そのため、ペプシノゲン検査において、PGⅠ70 ng/ml以下かつPGⅠ/比が3.0下になる胃の炎症進んでいると判定され、胃粘膜萎縮していることが分かります。
 胃の表面胃粘膜によって胃酸胃液から守られています。しかし、胃粘膜萎縮が進むとこの防御機能弱くなるため、胃潰瘍胃がん発症しやすくなります。このことから、ペプシノゲン検査胃がん検診応用されています。


ペプシン

(ペプシノゲン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/20 06:28 UTC 版)

ペプシン (pepsin,EC.3.4.23.1-3) は動物ので働くタンパク質分解酵素の一つ。アスパラギン酸プロテアーゼの一つ。




「ペプシン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペプシノゲン」の関連用語

ペプシノゲンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ペプシノゲンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペプシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS