ビー・ツー・シーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > ビー・ツー・シーの意味・解説 

B2C

読み方:ビー・ツー・シー、ビー・トゥ・シー
別名:B to C
【英】:Business to Consumer

企業一般消費者対象商取引を行うビジネス形態のことである。

B2Cにおける電子商取引EC)としては、インターネット上に商店構え消費者商品販売するオンラインショップ(電子商店)が最も一般的な形態だが、ソフトウェア画像音楽などのコンテンツ販売するビジネスや、オンラインゲームオンライントレードのようにサービス提供する事業者登場している。

B2Cをめぐるニュービジネスは、多くのネットベンチャー企業こぞって参入開拓してきた新市場である。しかし結果的利益をあげているネット企業はごく限られた企業に絞られつつある。また最近では、インターネットによる顧客接点だけでなく、インターネット既存インフラ両面からマーケティング考える「クリック&モルタル」の戦略重視成功を収める例が出てきている。インターネット(=クリック)と店舗(=モルタルそれぞれの顧客接点をうまく活用相乗効果上げ考え方である。

類似語B2B企業企業取引き)、C2C一般消費者同士取引き

B2C

読み方:ビーツーシー,ビートゥーシー
別名:B to CBusiness to ConsumerBusiness 2 ConsumerBusiness to CustomerBusiness 2 Customer

B2Cとは、企業一般消費者との間で取り交わされる商取引を指す語である。

B2Cの「B」は企業事業者Business)を指し「C」一般的に消費者Consumer)を指す。「C」顧客Customer)の略とする見解もあるが、「顧客」は需要家を意味する語であり必ずしも一般消費者を指すとは限らない文脈によってはB2Cの指す意味合い異なっている可能性がある。

電子商取引EC)におけるB2Cの典型としては、オンラインショップECサイト)による商品販売挙げることができる。現物販売する場合だけでなく、ソフトウェア音楽映像などのコンテンツ配信、あるいはオンラインゲームのようなサービス提供もB2Cに含まれる

B2Cのように商取引形態取引相手種類によって区分する言い方は、他にも企業企業との取引を指す「B2B」や、一般消費者同士取引を指す「C2C」、企業提携企業従業員Employee)との間で行われる取引である「B2E」、企業政府自治体Government)との間で行う「B2G」、あるいは、企業から企業販売され(付加価値加えられて)さらに一般消費者販売される「B2B2C」もある。

企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  オフショア開発  ウィンドウ戦略  B2B  B2C  B2E  B2G  BSC


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビー・ツー・シー」の関連用語

ビー・ツー・シーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビー・ツー・シーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリB2Cの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS