B2B2Cとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > B2B2Cの意味・解説 

B2B2C

フルスペル:Business to Business to Consumer
別名:B to B to C

B2B2Cとは、商取引形態のうち、企業が他の企業商品サービスを提供し、提供を受けた側の企業がさらに一般消費者提供する、という取引形態のことである。

B2B2Cは、「B2B」と「B2C」という2種類の商取引形態からなるB2B企業間取引指しB2C企業一般消費者との取引を指す。「B2B2C」の中間位置する企業役割業種業態によって異なり仲介斡旋事業者だったり、流通宅配業者だったり、再販業者だったり、あるいは他企業が提供しているサービスプラットフォーム利用して自社商品一般消費者提供する事業者だったりする。

NTT東日本およびNTT西日本がが2015年に提供を開始した「光サービス卸事業は、光通信サービス他社に提供して再販可能とするB2B2C事業である。NTT東西卸売業者として他社通信サービスを提供し、通信サービスの提供を受けた事業者は(自社特色などを加味した上で一般消費者サービス提供することになる。

企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  B2G  BSC  BPM  B2B2C  e-business  e-procurement  G2B


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「B2B2C」の関連用語

B2B2Cのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



B2B2Cのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリB2B2Cの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS