ギリシャ語における二つの語彙の概念差とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ギリシャ語における二つの語彙の概念差の意味・解説 

ギリシャ語における二つの語彙の概念差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 15:11 UTC 版)

地獄 (キリスト教)」の記事における「ギリシャ語における二つの語彙の概念差」の解説

ギリシャ語においては、英語で "hell" と訳される語彙として、γέεννα(古典ギリシャ語再建音:ゲヘンナ、現代ギリシャ語転写:ゲエンナ)と、ᾍδης(古典ギリシャ語再建音:ハデース現代ギリシャ語転写アディス)の二つ語彙があり、両語彙とも旧約聖書・新約聖書使われている。 ゲヘンナは原語では「ヒンノムの谷」の意である。この谷ではアハズ王の時代モロク神に捧げる火祭に際して幼児犠牲が行われたこと、ヨシヤ王の改革で谷が汚されたことがあり、町の汚物捨て場とされた。このような経緯から、新約聖書ではゲヘンナは「来世刑罰の場所」として考えられるようになった一方ハデースギリシャ語の「姿なく、おそろしい」の意から派生したもので、ヘブライ語シェオルに当たる古代神話では死者の影が住む地下の王国とされた。 キリスト教内でも地獄に対する捉え方教派神学傾向などによって異なり、ゲヘンナとハデース間に厳然とした区別があるとする見解と、区別見出すもののそれほど大きな違いとは捉えい見解など、両概念について様々な捉え方がある。 厳然とした区別があるとする見解一例に拠れば、ゲヘンナは最後の審判後に神を信じない者が罰せられる所であるとされる一方ハデースは死から最後の審判復活までの期間だけ死者受け入れ中立的な所であるとする。この見解によればハデース時間的に限定されたものであり、この世の終わりにおける人々復活際にハデース終焉する。他方別の捉え方もあり、ハデース不信仰な者の魂だけが行く場所であり、正しい者の魂は「永遠の住まいにあってキリスト一つにされるとする。 上述した見解例ほどには大きな違い見出さい見解からは、ゲエンナ(ゲヘンナ)、アドハデース)のいずれも聖書中にある「外の幽暗」(マタイ22:13)、「火の炉」(マタイ13:50)といった名称の数々と同様に、罪から抜け出さずにこの世去った霊魂にとって、罪に定められ神の怒り服する所である事を表示するものであるとされる

※この「ギリシャ語における二つの語彙の概念差」の解説は、「地獄 (キリスト教)」の解説の一部です。
「ギリシャ語における二つの語彙の概念差」を含む「地獄 (キリスト教)」の記事については、「地獄 (キリスト教)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ギリシャ語における二つの語彙の概念差」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ギリシャ語における二つの語彙の概念差のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギリシャ語における二つの語彙の概念差のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの地獄 (キリスト教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS