《禁忌》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《禁忌》の正しい読み方の意味・解説 

《禁忌》の正しい読み方

「禁忌」の正しい読み方

禁忌」の読み方は「きんき」である。

「禁忌」の意味解説

禁忌」とは、話題にしたり、行ったりしてはならないことである。禁忌意味する範囲広く医療宗教科学など、さまざまな状況使われてきた言葉だ。また、禁忌品」という言葉あるように、法律制度反す物事意味することもある。さらに、「関わる危険なもの、領域」を指す場合も多い。なお、もともとの「禁忌」は「道徳的ではない行為」を意味していた。しかしその後、意味は拡大して単に「禁止されていること」を表すケース増えてきた。

なぜ「禁忌」と読むのか・理由

「禁」はあるものを「制限する」「許可しないという意味漢字である。さらに、「忌」には「嫌われている」「疎まれている」との意味があった。それらの漢字を同じ音読みでつなげることにより、意味が強調されて禁忌」という単語になった

「禁忌」の類語・用例・例文

禁忌」に似た言葉には「禁断」「禁止」「不文律」などがある。いずれも、「触れてはならないこと」「言ってならないこと」という点で、「禁忌」に共通した意味を持つ。ただし、「禁忌」には「汚らわしく害があるので関わるべきではない」とのニュアンスがある。あるいは、「本人危険が及ぶので避けるべき事態」を指していることもある。「禁忌」は犯してしまうと、悪い意味での大きな影響がある場合に使う言葉といえるだろう。

《禁忌》の正しい読み方

「禁忌」の正しい読み方

禁忌」とは「きんき」と読む言葉である。

「禁忌」の意味解説

禁忌」とは、忌み嫌うこと、避けたり禁止したりすること、を意味する語である。

文化的慣習的な文脈における「禁忌」は、いわゆるしてはいけないこと」のことである。明確なルールに基づき(たとえば法律定められている等の理由で避けられているわけはなく、どちらかといえば「なんとなく」「そういう風潮あるから程度理由で慣習化され認識であることが多い。いわば暗黙の了解である。

医療分野の用語としての「禁忌」は、治療処方において「人体悪い影響を与える危険性があるため行なうきでない」ことを示す語である。

「禁忌」の類語・用例・例文

禁忌」の類語としては「タブー」や「禁句」、「禁物」や「禁じ手」などが挙げられる

タブー」は禁止されていること、「禁句」は言ってならないという意味持ち、「禁物」はしてはいけない物事、「禁じ手」は使ってはいけない手段という意味である。

「禁忌」の英語 用例・例文

禁忌」は、英語ではtaboo」と表現できる医療分野の用語としての「禁忌」は「contraindicant」と表現される



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《禁忌》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《禁忌》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS