《慮る》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《慮る》の正しい読み方の意味・解説 

《慮る》の正しい読み方

「慮る」の正しい読み方

慮る」の正し読み方は「おもんぱかる」である。「ぱ」という文字入っているため信じ難いかもしれないが、正式な読み方として辞書にも記載されている。「おもんばかる」という読み方間違ていないが、言葉遣い厳しい人に使うと言知らない思われる可能性もある。ビジネスシーンなどフォーマルな場で使う場合は、「おもんぱかる」と読む方が良い

「慮る」の意味解説

慮る」には周囲状況や人に配慮する思いを巡らすという意味があるそもそも、「慮るおもんぱかる)」は「思い量るおもいはかる)」という単語語源としているため、深く考える思い推し量るという意味を持つ。

なぜ「慮る」と読むのか・理由

慮る」の「慮」の文字は、音読みでは「りょ」、訓読みでは「おもんぱかる」という読み方となる。もともと「おもいはかる」と読まれていたが、発音しにくいため「おもんはかる」に変形し、「おもんばかる」、「おもんぱかる」という読み方落ち着いたのだと言われている。

「慮る」の類語・用例・例文

慮る」の類語
熟考するじゅっこうする)
熟思する(じゅくしする)
思索する(しさくする
考慮するこうりょする)
考察するこうさつする)
思案するしあんする
思慮する(しりょする)

慮る」の用例例文
チームプレーでは自分だけでなく周り慮る立ち回りしなければならない
円滑なコミュニケーションを望むなら相手慮ることが第一である。
他人慮るあまり、自分ないがしろにするのは良くない
彼は女の気持ちを慮り真実を口にすることを躊躇った。
災害に遭った人々心情慮ると、一日早い復興を祈らずにはいられない
会社経営状態を慮ると、経費大幅削減必要性があるだろう。
あの頃は私も若かったので、相手慮る余裕はなかった。
相手慮り全てお膳立てすることが、相手ためになるとは限らない
上に立つ人間下の者慮り決断下す必要がある

「慮る」の英語用例・例文

英語で「慮る」を表現する場合、「consider」や「take into account」という言い回し一番近い。「consider」は考慮する相手気持ちを汲み取るという意味であり、「take into account~」は~について考慮するという意味である。

慮る」の英語の用例例文
・「consider」を使った例文
She has to consider that he is only five years old.(彼女は彼がたった5歳であることを慮る必要がある
The jury has considered the evidence and reached a verdict.(陪審員証拠慮り評決に至った)

・「take into account」を使った例文
I took into account everything he did and said, and made a final decision.(私は彼の言動慮り最終決定下した)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《慮る》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《慮る》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS