MDMAとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 薬物 > MDMAの意味・解説 

MDMA

分子式C11H15NO2
その他の名称:(+)-3,4-Methylenedioxymethamphetamine、(+)-3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン、S-(+)-MDMA、MDMA、(S)-N,α-Dimethyl-1,3-benzodioxole-5-ethanamine、[S,(+)]-N,α-Dimethyl-1,3-benzoxol-5-ethanamine、(+)-MDMA、3,4-Methylenedioxymethamphetamine3,4-メチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミンMethylenedioxymethamphetamine、(+)-メチレンジオキシメタンフェタミン、メチレンジオキシメチルアンフェタミン、Methylenedioxymethylamphetamine、(S)-N,α-Dimethyl-3,4-(methylenedioxy)benzeneethanamine、(2S)-N-Methyl-1-(1,3-benzodioxole-5-yl)-2-propanamine、(αS)-N,α-Dimethyl-3,4-(methylenebisoxy)benzeneethanamine、(S)-MDMA、d-3,4-メチレンジオキシメタンフェタミンd-3,4-Methylenedioxymethamphetamine
体系名:(S)-N-メチル-1-(1,3-ベンゾジオキソール-5-イル)プロパン-2-アミン、[S,(+)]-N,α-ジメチル-1,3-ベンゾジオキソール-5-エタンアミン、(S)-N,α-ジメチル-1,3-ベンゾジオキソール-5-エタンアミン、(S)-N,α-ジメチル-3,4-(メチレンジオキシ)ベンゼンエタンアミン、(2S)-N-メチル-1-(1,3-ベンゾジオキソール-5-イル)-2-プロパンアミン、(αS)-N,α-ジメチル-3,4-(メチレンビスオキシ)ベンゼンエタンアミン


(−)‐3,4‐メチレンジオキシメタンフェタミン

分子式C11H15NO2
その他の名称:(-)-3,4-Methylenedioxymethamphetamine(-)-3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン(R)-N,α-Dimethyl-1,3-benzodioxole-5-ethanamine、R-(-)-MDMA、(-)-MDMA、(-)-メチレンジオキシメタンフェタミン(R)-N,α-Dimethyl-3,4-(methylenedioxy)benzeneethanamine、(R)-MDMA、l-3,4-メチレンジオキシメンタンフェタミン、l-3,4-Methylenedioxymethamphetamine
体系名:(R)-N-メチル-1-(1,3-ベンゾジオキソール-5-イル)プロパン-2-アミン、(αR)-N,α-ジメチル-1,3-ベンゾジオキソール-5-(エタンアミン)、[R,(-)]-N,α-ジメチル-1,3-ベンゾジオキソール-5-エタンアミン(R)-N,α-ジメチル-1,3-ベンゾジオキソール-5-エタンアミン(R)-N,α-ジメチル-3,4-(メチレンジオキシ)ベンゼンエタンアミン


MDMA

薬物MDMA
英名
化合物名or商品名3.4-メチレンジオキシ-N-メチルアンフェタミン
分子式C11H15NO2
分子データ
用途サイケデリック
副作用
胎,授乳児への影響
備考多幸感自我意識強調をおこす
融点
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

メチレンジオキシメタンフェタミン

(MDMA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/04 13:16 UTC 版)

3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン (: 3,4-methylenedioxymethamphetamine)、あるいはMDMAは、アンフェタミンと類似した化学構造を持つ化合物である[3]。愛の薬などと呼ばれ共感作用がある。幻覚剤に分類される[4][5][6]心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対し、MDMAを併用した心理療法臨床試験アメリカ合衆国で進行している[7]。2017年にはアメリカで画期的治療法に指定され[8]、FDAは審査を早く行うことになる[9]


  1. ^ Stimulants, Narcotics, Hallucinogens - Drugs, Pregnancy, and Lactation., Gerald G. Briggs, OB/GYN News, 1 June 2003.
  2. ^ Methylenedioxymethamphetamine (MDMA, ecstasy)”. Drugs and Human Performance Fact Sheets. National Highway Traffic Safety Administration. 2009年4月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y MDMA current perspectives 2013.
  4. ^ a b 世界保健機関 (1994) (pdf). Lexicon of alchol and drug term. World Health Organization. ISBN 92-4-154468-6. http://whqlibdoc.who.int/publications/9241544686.pdf.  (HTML版 introductionが省略されている
  5. ^ a b 世界保健機関 『ICD‐10精神および行動の障害:臨床記述と診断ガイドライン』 医学書院、2005年、新訂版、39頁。ISBN 978-4-260-00133-5
  6. ^ a b アメリカ精神医学会 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』 医学書院2004年、§幻覚剤関連障害。ISBN 978-0890420256
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab Danforth, Struble & Yazar-KlosinskiGrob 2016.
  8. ^ a b c d Kai Kupferschmidt (2017年8月26日). “All clear for the decisive trial of ecstasy in PTSD patients”. Science. 2017年9月4日閲覧。
  9. ^ a b Fact Sheet: Breakthrough Therapies”. FDA (Last Updated:2014). 2017年9月4日閲覧。
  10. ^ a b c MDMA / 'Ecstasy' (英語) 薬物に関する独立科学評議会、LastUpdate:2013-9-4日
  11. ^ マーティン・トーゴフ 『ドラッグ・カルチャー-アメリカ文化の光と影(1945~2000年)』 宮家あゆみ訳、清流出版2007年。ISBN 978-4860292331。436頁。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n What's in a Label? 2009.
  13. ^ Nichols DE. "Differences between the mechanism of action of MDMA, MBDB, and the classic hallucinogens. Identification of a new therapeutic class: entactogens" J Psychoactive Drugs 18(4), 1986 Oct-Dec, pp. 305-13. PMID 2880944
  14. ^ Alexander and Ann Shulgin (1991). PiHKAL:A Chemical Love Story. ISBN 0963009605. 
  15. ^ 薬物に関する独立科学評議会 (Last updated 2014-04-04). “'Legal Highs'/NPS”. Independent Scientific Committee on Drugs. 2014年7月25日閲覧。
  16. ^ Nutt, D.; Sessa, B. (2015). “Making a medicine out of MDMA”. The British Journal of Psychiatry 206 (1): 4–6. doi:10.1192/bjp.bp.114.152751. PMID 25561485. 
  17. ^ MDMA approved for final trials to treat PTSD before possible legalization (2016-12-1) ガーディアン - 2016年12月12日閲覧
  18. ^ Frood, Arran (2012). “MDMA keeps severe stress at bay”. Nature. doi:10.1038/nature.2012.11864. 
  19. ^ 138 articles about mdma/ptsd therapy(MAPS、2010年7月30日)
  20. ^ Sessa B (July 2012). “Shaping the renaissance of psychedelic research”. Lancet 380 (9838): 200–1. doi:10.1016/S0140-6736(12)60600-X. PMID 22817963. 
  21. ^ Helen Brown (2012年9月27日). “Drugs Live: the Ecstasy Trial, Channel 4, review”. Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/9569797/Drugs-Live-the-Ecstasy-Trial-Channel-4-review.html 2015年10月1日閲覧。 
  22. ^ Krystle Mitchell (2015年5月29日). “FDA and DEA Approve MDMA Studies”. Guardian Liberty Voice. http://guardianlv.com/2015/05/fda-and-dea-approve-mdma-studies/ 2015年10月1日閲覧。 
  23. ^ Insel, T. R. (October 2012). “Next-Generation Treatments for Mental Disorders”. Science Translational Medicine 4 (155): 155ps19–155ps19. doi:10.1126/scitranslmed.3004873. PMID 23052292. 
  24. ^ Fantegrossi, William E. (2006). “Reinforcing effects of methylenedioxy amphetamine congeners in rhesus monkeys: are intravenous self-administration experiments relevant to MDMA neurotoxicity?”. Psychopharmacology 189 (4): 471–482. doi:10.1007/s00213-006-0320-8. PMID 16555062. 
  25. ^ De La Garza, R.; Fabrizio, K. R.; Gupta, A. (2006). “Relevance of rodent models of intravenous MDMA self-administration to human MDMA consumption patterns”. Psychopharmacology 189 (4): 425–434. doi:10.1007/s00213-005-0255-5. PMID 16470404. 
  26. ^ Schenk, Susan (2009). “MDMA Self-Administration in Laboratory Animals: A Summary of the Literature and Proposal for Future Research”. Neuropsychobiology 60 (3-4): 130–136. doi:10.1159/000253549. PMID 19893330. 
  27. ^ EcstasyData.org (英語)
  28. ^ a b 国連薬物犯罪事務所 (2014). 2014 Global Synthetic Drugs Assessment (Report). p. 23. http://www.unodc.org/documents/scientific/2014_Global_Synthetic_Drugs_Assessment_web.pdf 2014年10月1日閲覧。. 
  29. ^ Nick Wing (2015年5月20日). “This Music Festival Knows It Can't Stop People From Doing Drugs, So It's Trying To Keep Them Safe Instead”. Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2015/05/20/lightning-in-a-bottle-festival-drugs_n_7336290.html 2015年10月1日閲覧。 
  30. ^ Ryan Bassil (2014年9月17日). “What's in My Baggie? Well, the MDMA You've Been Taking at Festivals This Summeri s Probably Bath Salts”. Noisey by VICE. https://noisey.vice.com/blog/whats-in-my-baggie-well-the-mdma-youve-been-taking-at-festivals-this-summer-is-probably-bath-salts-interview-documentary-2014 2015年10月1日閲覧。 
  31. ^ a b 福永龍繁「監察医務院から見えてくる多剤併用」、『精神科治療学』第27巻第1号、2012年1月、 149-154頁。 抄録
  32. ^ M. Ter Bogt, Tom F.; M. E. Engels, Rutger C. (2005). ““Partying” Hard: Party Style, Motives for and Effects of MDMA Use at Rave Parties”. Substance Use & Misuse 40 (9-10): 1479–1502. doi:10.1081/JA-200066822. PMID 16048829. 
  33. ^ “Molly Is A Drug & There Are A Lot Of Songs About Molly”. Huffpost Entertainment. (2013年9月5日). http://www.huffingtonpost.com/2013/09/05/molly-drug-songs_n_3874047.html 2015年10月1日閲覧。 
  34. ^ a b Kia Makarechi (2012年3月26日). “Deadmau5 Slams Madonna Over 'Molly,' Ecstasy Reference At Ultra Music Festival”. Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2012/03/26/deadmau5--madonna-molly-ultra-_n_1379437.html 2015年10月1日閲覧。 
  35. ^ Hollie McKay (2013年9月5日). “Are pop stars who glorify the drug molly responsible when fans use it?”. FoxNews. http://www.foxnews.com/entertainment/2013/09/05/are-pop-stars-who-glorify-dangerous-drug-molly-responsible-when-fans-use-it/ 2015年10月1日閲覧。 
  36. ^ a b “World's first Ecstasy shop to open in Amsterdam on Monday”. mixmag. (2015年5月16日). http://www.mixmag.net/read/worlds-first-ecstasy-shop-to-open-in-amsterdam-on-monday-news 2015年10月1日閲覧。 


「メチレンジオキシメタンフェタミン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

MDMAに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「MDMA」の関連用語

1
MDMA・塩酸塩 化学物質辞書
90% |||||


3
38% |||||

4
38% |||||

MDMAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カフェ・オ・レ・ボウル

水温計

榛名山

朝ラー

オベチェ

鞍馬山

利尻礼文サロベツ国立公園

葡萄の開花





MDMAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメチレンジオキシメタンフェタミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS