アンフェタミンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 薬物 > アンフェタミンの意味・解説 

アンフェタミン

分子式C9H13N
慣用名 アンフェタミン、Benzedrine、(±)-AmphetamineAmphetamine、エラストノン、(±)-ベンゼドリンベンゼドリン、(±)-アンフェタミン、Elastonon、(±)-Benzedrine、DL-アンフェタミン、DL-Amphetamine、(±)-α-Methylphenethylamine、(±)-α-メチルフェネチルアミン、DL-Benzedrine、DL-ベンゼドリン、α-アンフェタミン、dl-アンフェタミン、rac-(2R*)-2-Amino-1-phenylpropane、rac-(R*)-1-Phenyl-2-propanamine、rac-(R*)-1-Phenylpropane-2-amine、rac-(R*)-α-Methylphenethylamine、dl-Amphetamine、α-Amphetamine
体系名: rac-(R*)-α-メチルベンゼンエタンアミン、rac-(2R*)-2-アミノ-1-フェニルプロパン、rac-(R*)-1-フェニル-2-プロパンアミン、rac-(R*)-1-フェニルプロパン-2-アミンrac-(R*)-α-メチルフェネチルアミン


l‐アンフェタミン

分子式C9H13N
その他の名称:レバンフェタミン、Levamfetamine、l-Amphetamine、Levoamphetamine、(-)-Amphetamine、l-アンフェタミン、レボアンフェタミン、(-)-アンフェタミン、[R,(-)]-α-Methylphenethylamine、R(-)-アンフェタミン、R(-)-Amphetamine(R)-1-Phenylpropane-2-amine、(1R)-1-Methyl-2-phenylethanamine、(R)-(-)-Amphetamine(R)-(-)-アンフェタミン、(2R)-1-Phenylpropane-2-amine、(R)-1-Phenyl-2-propanamine、(R)-α-Methylbenzeneethanamine
体系名:(R)-1-フェニルプロパン-2-アミン(R)-1-フェニル-2-プロパンアミン、(R)-α-メチルベンゼンエタンアミン、[R,(-)]-α-メチルフェネチルアミン、(1R)-1-メチル-2-フェニルエタンアミン、(2R)-1-フェニルプロパン-2-アミン


d‐アンフェタミン

分子式C9H13N
その他の名称:デキサンフェタミン、デキストロアンフェタミン、NSC-73713、Dexamfetamine、Dexamphetamine、Dextroamphetamine、(S)-α-Methylphenethylamine、(+)-Amphetamined-AM、デキサドリン、Dexadrine、d-Amphetamine、d-アンフェタミン、(+)-アンフェタミン、デクストロアンフェタミン、デクスアンフェタミン、[S,(+)]-α-Methylphenethylamine、(S)-α-Methylbenzeneethan-1-amine、[S,(+)]-アンフェタミン、S(+)-アンフェタミン、(2S)-1-Phenylpropane-2-amine、(S)-1-Phenyl-2-propanamine、S-(+)-Ap、S-(+)-アンフェタミン、S-(+)-Amphetamine、(S)-1-Phenylpropane-2-amine、(αS)-α-Methylbenzeneethanamine、[S,(+)]-Amphetamine、(S)-1-Methyl-2-phenylethaneamine、(S)-3-Phenylpropan-2-amine、(S)-α-Methylbenzeneethanamine
体系名:(S)-3-フェニルプロパン-2-アミン、(S)-α-メチルベンゼンエタンアミン、[S,(+)]-α-メチルフェネチルアミン、(S)-α-メチルベンゼンエタン-1-アミン、(S)-α-メチルフェネチルアミン、(2S)-1-フェニルプロパン-2-アミン、(S)-1-フェニル-2-プロパンアミン、(S)-1-フェニルプロパン-2-アミン、(αS)-α-メチルベンゼンエタンアミン、(S)-1-メチル-2-フェニルエタンアミン


アンフェタミン

薬物アンフェタミン
英名amphetamine
化合物名or商品名
分子式C9H13N
分子データ
用途中枢興奮剤食欲減退(多幸感覚醒作用)
副作用不眠症,不安,悪心失神など
胎,授乳児への影響
備考硫酸塩の形で使用される
融点
沸点200203
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1180(ラット皮下)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

アンフェタミン

強力な中枢神経刺激物交感神経作用薬。アンフェタミンは、アドレナリンドーパミン吸収ブロックする作用モノアミン放出モノアミンオキシダーゼ阻害などの作用がある。アンフェタミンは乱用薬物であり、幻覚発現である。L体中枢神経への作用少ないが、心臓血管作用は強い。D体はデクストロアンフェタミンと呼ばれる

名前Amphetamine, Dextroamphetamine
アンフェタミン

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アンフェタミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/14 15:06 UTC 版)

アンフェタミン英語: amphetamine, alpha-methylphenethylamine)とは、間接型アドレナリン受容体刺激薬としてメタンフェタミンと同様の中枢興奮作用を持つ[1]。アメリカでは商品名Adderallで販売され、適応は注意欠陥・多動性障害のみである。強い中枢興奮作用および精神依存薬剤耐性により、犯罪や反社会的行動につながりやすいため[要出典]、日本では法律上の覚醒剤に指定されている[1]


  1. ^ a b 竹内孝治、岡淳一郎 『最新基礎薬理学[第3版]』 廣川書店、2011年、50頁。ISBN 978-4-567-49452-6
  2. ^ Sulzer, D. (2005). "Mechanisms of neurotransmitter release by amphetamines: a review". Prog. Neurobiol. 75 (6): 406–433. PMID 15955613.
  3. ^ S6. 興奮薬 | 禁止表
  4. ^ Seabrook, J. (1996). In the Cities of the South:scenes from a developing world. London; New York: Verso. ISBN 1-85984-986-5.
  5. ^ 米大学生の間で「頭の良くなる薬」が流行、将来は試験前にドーピング検査? AFP 2009年10月3日
  6. ^ Class A, B and C Drugs. Home Office. Retrieved on May 28, 2008.
  7. ^ List of psychotropic substances under international control (PDF) (英語). International Narcotics Control Board. Retrieved on November 19, 2005.


「アンフェタミン」の続きの解説一覧





アンフェタミンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アンフェタミンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンフェタミン」の関連用語

1
覚醒剤 国語辞典
92% |||||

アンフェタミンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コンテナ船

粘着テープ

ゴールデン・フリース

ナスカの地上絵

本島泊海水浴場

第二しょうどしま丸

アカタン砂防大平ナベカマ堰堤

31000系





アンフェタミンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンフェタミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS