賞与とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 財政 > 一時金 > 賞与の意味・解説 

しょう よ しやう- [1] 【賞与】

通常の給料のほかに,夏・冬・期末などほぼ一定の時期支給する一時金ボーナス。 「暮れの-」
功労をたたえて金品与えること。また,その金品。 「 -金」


賞与

別名:ボーナス
【英】bonus

・賞与とは、夏・冬・期末等に支給される支給額が確定ていない一時金のことである。別名、ボーナス一時金報奨金年末手当夏季冬季手当

・賞与は一定期間勤務した上で納め業務成績業務目標達成度合い考慮し、支給金額判断される。賞与支給においての条件は、使用人企業)が自由に定めることができる。そのため、賞与は通常夏と冬の2回支給されるが、支給なくてはならないというわけではなく、法律義務付けられているわけでもない。

関連ページ
人事制度

賞与

6月7月及び8月3月間(夏季)と11月12月及び翌年1月3月間(年末)に支給された「特別給与額」の中から賞与、期末手当等(臨時給与)を抜き出して、夏季及び年末ごとに各月分を合計したもの夏季賞与あるいは年末賞与(賞与の支給を行った事業所常用労働者1人平均)として集計したもの

賞与

企業臨時的に従業員に対して支給する金銭のこと。 もともとは一時金としての支給であったが、 夏と冬の年2回の賞与支給一般的なイメージとして定着している。
賞与を決定する基準金額企業ごとに異なるが、 最近では企業業績職務対す成果、または職務対す責任大きさなどに連動して算出支給されることが多くなっている。
求人情報にも、賞与の支給時期回数明示されているケースは多いものの、 賞与を決定するための基準算出方法までは記載されていない
そのため転職活動通じて内定獲得した場合には、 賞与の仕組みについても理解納得した上で入社決めることも大切です。

賞与

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/09 08:09 UTC 版)

賞与(しょうよ)とは、定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のことで、ボーナス (bonus) とも呼ばれる。欧米ではいわゆる特別配当・報奨金の類である。






「賞与」の続きの解説一覧





賞与と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「賞与」の関連用語


2
賞典 国語辞典
90% |||||

3
賞品 国語辞典
90% |||||





8
72% |||||

9
国語辞典
72% |||||


賞与のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカンタイプクラブ

ジョグZII

スクエア包み

FHTコンパクト蛍光灯

天然ガス液化プロセス

Passat Variant

京うちわ

キハ2300形





賞与のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
独立行政法人 労働政策研究・研修機構独立行政法人 労働政策研究・研修機構
この記事は、各省庁等のデータを基に、(独)労働政策研究・研修機構が作成した「労働統計用語解説」を転載しております。厳密な定義については、各省庁等のホームページをご参照下さい。
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2017 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの賞与 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS