サル痘とは?

サル痘


ヒトのサル痘は、サル痘ウイルス感染による急性発疹疾患である。2003年11月感染症法改正に伴い、親規に四類感染症規定された。自然宿主アフリカリスで、サル感染するとヒト痘そう天然痘)様の症状呈するヒト感染すると、重症例では臨床的に天然痘区別できないヒトのサル痘での致死率は1~10%程度である。

疫 学
  サル痘は1958年に、ポリオワクチン製造のために世界各国から霊長類集められた施設で、カニクイサルの天然痘疾患として初め報告された。その後サル施設サルにおけるサル痘の流行があり、致死率は3~48%であった。当時種痘天然痘ワクチン接種が行われていたため、ヒト感染例は報告されていない
表1. WHOに報告されたヒトのサル痘患者

ヒトのサル痘は、1970年ザイール(現コンゴ民主共和国)で天然痘疾患として初め報告された(表1)。その後ヒトのサル痘は中央・西アフリカの主に熱帯雨林散発的流行している。WHOの報告では、1981年から1986年ヒトのサル痘患者数は338人である。1996年から1997年にかけてコンゴ民主共和国大流行し、511名の患者発生している。
流行地の動物血清疫学解析等から、サル痘ウイルスの自然宿主アフリカリスであることが明らかにされた。サルおよびヒト終末宿主である。

アフリカ大陸以外では、ヒトでのサル痘は報告されていなかったが、2003年アフリカから愛玩用輸入された齧歯類を介してサル痘ウイルス米国テキサス州持ち込まれ、動物業者北米原産のプレーリードックに感染し、これをペットとして購入したヒト感染することで流行が起き、ウィスコンシン州39名、インディアナ州16名、イリノイ州12名、ミズーリ州2名、カンザス州およびオハイオ州各1名、計71名の患者発生した。小児1名は重症となったが、水痘との重感染であることが明らかになっている。

病原体
ポックスウイルス科は、感染細胞細胞質増殖する巨大二本鎖DNA遺伝子に持つエンベロープウイルスで、脊椎動物感染するChordopoxvirusと、節足動物感染する Entomopoxvirus 亜科分類される。Chordopoxvirus 亜科はOrthopoxvirus(オルソポックスウイルス), Parapoxvirus, Capripoxvirus, Sulpoxvirus, Leporipoxvirus, Avipoxvirus, Yatapoxvirus, Molluscipoxvirus の8属と、未分類ウイルスからなる

 オルソポックスウイルス属のウイルスの形態レンガ状で、その長径は300nmを超える巨大ウイルスである(写真1)。感染性ウイルス粒子は、細胞内で形成される細胞内成ウイルスと、細胞内成ウイルス感染細胞膜から出芽し、細胞膜由来脂質膜をさらに被った細胞外外ウイルスからなる両者脂質上のウイルス糖タンパク異なる。個体間の感染には細胞内成ウイルス関与し、感染個体内での感染拡大には主に、細胞外外ウイルス関与すると考えられている。
写真1. 天然痘ウイルス電子顕微鏡写真
形態的にはサル痘ウイルス天然痘ウイルス、ワクチニアウイルス等を相互に区別できない

オルソポックスウイルス属には、サル痘ウイルス痘瘡ウイルス天然痘ウイルス)、ワクチニアウイルス(種痘に用いられるウイルス)、牛痘ウイルス等が含まれるヒトへのサル痘ウイルス感染は、主に感染動物患者との接触感染である。ヒトからヒトへの二次感染天然痘比べ少なく、数%である。

2003年米国での流行では、4月9日ガーナからペットとしてテキサス州輸入された齧歯類により、サル痘ウイルス持ち込まれ、プレーリードックに感染し、プレーリードックからヒト感染したことが明らかにされた。輸入された齧歯類のうち、サバンナオニネズミ(ガンビアンラット)、アフリカヤマネ、キリスからサル痘ウイルス検出されている。北米大陸原産とするプレーリー ドックサル痘ウイルス感受性が高く、感染すると発症する。米国調査で、テキサス州輸入された齧歯類のうち、アフリカヤマネ17匹が2003年5月8日日本輸出されたことが判明した。 厚生労働省調査により、7月3日時点では輸入されたアフリカヤマネ17匹中15匹がすでに死亡し、2匹のみが生存していた。この2匹について、国立感染症研究所サル痘ウイルス検査PCRウイルス分離抗体検査)を行った結果陰性であった。アフリカからの輸入禁止されている齧歯類は、ラッサ熱媒介するマストミスのみであるため、日本にも輸入感染症としてサル痘患者発生する可能性否定できない

サル痘ウイルスには大きく分けてコンゴ型と西アフリカ型があり、前者病原性が高い。米国での流行は、西アフリカ型のサル痘ウイルスによることが明らかになっている。

サル痘ウイルスヒトへの感染経路は、感染動物に咬まれること、あるいは感染動物血液体液皮膚病変(発疹部位)との接触による。ヒトからヒトへの感染は稀であるが、患者飛沫体液皮膚病変(発疹部位)との接触により感染する可能性がある。

臨床症状徴候
 ヒトにおけるサル痘の潜伏期間は7~21日平均12日)で、その後発疹写真2)、発熱発汗頭痛悪寒咽頭痛リンパ節腫脹現れる重症例では臨床的に天然痘区別できない

致死率は、アフリカでの流行では数~10%と報告されているが、2003年アメリカ合衆国での流行では、死亡例は報告されていない

写真2. サル痘患者顔面発疹(WHO提供)

アフリカでの致死率が高いのは、報告された流行大部分コンゴ民主共和国で、病原性の高いコンゴ型のサル痘ウイルスによること、医療体制栄養状態問題HIV感染による免疫低下等によると考えられる動物ではサルウサギ、プレーリードック等が高感受性で、感染すると発症する。

病原診断
オルソポックスウイルス属のウイルス抗原的には相互に区別できないため、サル痘特異抗体検出できないまた、種痘歴のある場合はすでに抗体があるため、血清診断できない。しかし、未種痘者では元々オルソポックスウイルス抗体陰性であること、既種痘者でも発症5日目からIgM抗体の上昇が見られることから、血清診断少なくともオルソポックスウイルス感染有無判定できる。このため、サル痘流行時には診断価値は高い。特異的実験室診断としては、病変部位からのウイルス分離や、PCRによるサル痘ウイルス遺伝子検出が行われる。


治療予防
特異的治療法はないため、対症療法が行われる。サル痘ウイルスを含むオルソポックスウイル スにシドフォビルが有効であることが実験的明らかになっているが、サル痘患者への投与例はない。現在、シドフォビル以外にも、いくつかの有望な抗ポックスウイルス開発が行われている。種痘はサル痘にも有効であるが、日本では1976年以降種痘行われていない

感染症法における取り扱い
サル痘は四類感染症定められており、診断した医師直ち最寄り保健所届け出る義務がある。


サル痘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/18 06:07 UTC 版)

サル痘(さるとう、: monkeypox)とは、ポックスウイルス科オルソポックスウイルス属に属するサル痘ウイルス感染を原因とする人獣共通感染症。日本では感染症法において四類感染症に指定されている。




  1. ^ 霊長類フォーラム:人獣共通感染症(第146回)6/30/2003 - 日本獣医学会
  2. ^ 奇跡体験!アンビリバボー:悪魔のウイルス復活!?★感染爆発を食い止めろ - フジテレビ ※記述内に2003年とは書かれていないが、感染当時3歳だった生還者が取材時には15歳になっていることから、2003年の流行であることがわかる。


「サル痘」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サル痘」の関連用語

サル痘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マラリア

細菌性赤痢

髄膜炎菌性髄膜炎

炭疽

後天性免疫不全症候群

無菌性髄膜炎

手足口病

マラリア





サル痘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立感染症研究所 感染症情報センター国立感染症研究所 感染症情報センター
Copyright ©2017 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサル痘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS