黄竜 黄竜の概要

黄竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 09:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
黄竜
九龍壁の黄竜(中国・大同)
各種表記
繁体字 黃龍
簡体字 黄龙
拼音 huánglóng
発音: ファンロン
ホワンロン
日本語読み: こうりゅう
おうりゅう
英文 Huanglong / Yellow Dragon
テンプレートを表示

四神の中心的存在、または、四神の長とも呼ばれている。四神が西の守護獣なのに対し、中央を守るとされる。五行説で黄は土行であり、土行に割り当てられた方角は中央である。同様に四神はを表すものでもあり、黄龍はそれぞれの土用を表すとされている。 十二天将勾陳(こうちん)や創世神応竜(庚辰)と同一視・混同される[1]。中国古書『荊州占』では、「黄竜(庚辰)は太一の妻」とある。

中国では瑞獣の出現を記念して改元を行うことがあるが、黄龍が出現したというので「黄龍」と改元されたこともあった。日本でも黄竜はめでたい獣とされ、宇多天皇887年即位)のときに黄竜が出現したといわれている。

黄竜は皇帝の権威を象徴する竜とされたが、後に麒麟と置き換えられたり、同一視されるようになった。

『瑞応記』では「黄龍者 神之精 四龍之長」[2][3][4][5][出典無効]などと四竜の長とされる。『芸文類聚』には『瑞応図』[6]からの引用として「黄龍者 四龍之長」と記されている[7]

元号

脚注


  1. ^ 冊府元亀』「乾坤碎而元気湮……應龍騰挙托天開,垂雲矯翼廓清氛」「應龍闢壌致宅土……天之祚聖,復在於茲」
  2. ^
  3. ^ 龍的傳説上
  4. ^ 龍的傳奇
  5. ^ 故事的龍
  6. ^ 隋書・経籍志』に『瑞応図』という典籍が挙げられている(  隋書/卷34. - ウィキソース. )。
  7. ^   藝文類聚/卷098. - ウィキソース. 


「黄竜」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄竜」の関連用語

黄竜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黄竜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄竜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS