麻疹 歴史

麻疹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 08:21 UTC 版)

歴史

紀元前3000年頃の中近東地域が、最初の流行地であったと考えられている[3]

日本では、平安時代以後度々文献に登場する疫病の一つ「あかもがさ赤斑瘡/赤瘡)」は今日の「麻疹」に該当するというのが通説である。江戸時代には13回の大流行が記録されており、1862年の流行では江戸だけで、約24万人の死者が記録されている[3]。古くから「はしかのようなもの」と表現され、一生に一度だけ感染するという意味で成長期の通過儀礼と捉えられた[3]

フェロー諸島では1781年を最後に麻疹が報告されていなかったが、1846年にコペンハーゲンから訪れた旅行客により、島民約8000人中約6000人が罹患する大流行が発生した[44]。この際、1781年の流行を経験した65歳以上の島民は感染しなかったことから、麻疹は一度感染すると再感染しないという発見に繋がったとされる[44]

日本では2007年以前は麻疹発生数の正確な統計が行われていなかったが、2001年の流行を契機に開始された"1歳の誕生日にワクチンを"や、2006年度よりの第2期接種の開始、2008年度よりの第3期/第4期接種の開始により、2008年の報告数は11,005件(2009年1月6日現在)、2009年の報告数は702件(2009年11月18日現在)と大幅に減少した。ウイルスの遺伝子検査によれば、日本古来の土着ウイルスによる発症例は2010年5月が最後となり、以後、海外から持ち込まれた型による発症例のみとなった。厚生労働省は、2013年9月に排除状態と宣言。2015年に世界保健機関による排除認定を得た[45]

麻疹は子供の病気であると誤解されていることがあるが、2008年現在、報告のうち4歳以下の症例は15%にも満たず、10代から20代の患者が多数を占めている[46]。2009年は報告のうち4歳以下の症例が40%を占めており多数となった[47]。ただし、麻疹による死者は日本でも減少しており、2000年以降は年間20人以下である。

近年における麻疹の日本での流行

流行しているウイルスの型は、数年毎に変化している。国立感染症研究所によると2008年までは、いわゆる土着株の遺伝子型D5型(バンコク型)が流行していたが、2009年からは日本国外由来のD9型やD8型が検出された[48]。2011年以降はD4型、D9型、D8型、G3型が検出されD5型は検出されず、流行株の推移は、日本国外の流行地であるヨーロッパ東南アジアを反映している[48]

2014年以降は、B3型が最も多く、次いでD9型、D8型が検出されている[49][50]。日本国内で2012年に生じた麻疹の小規模な集団感染を解析した研究者によれば、発症した子供の多くの保護者は「片親」「外国籍を有し日本語の案内を読めない」などの社会的弱者であり、またワクチン接種歴が無い場合が多かったとしている[51]。また、第1期接種の対象は1歳児とされているため、定期接種の対象から外れている0歳児をどのように守るのかが課題となると問題提起している[51]

2001年

患者報告数が定点あたり11.20人(推計患者数 約27.8万人)[52]という大流行があり[53]、これを契機に予防接種率の向上や、1歳の誕生日に予防接種を行うキャンペーンが展開された。

2006年

茨城県千葉県での地域流行が起こり、茨城県は96例[54]、千葉県は定点報告数で90例[55]

2007年

南関東を中心とした地域流行が発生し、各地に飛び火した。10歳から29歳の世代という比較的高年齢に発生が集中したことが特徴である[56]

東京都での成人麻疹の流行により、2007年7月27日現在で、高等学校3校、高等専門学校4校、短期大学8校、大学83校が臨時休校し、高等学校・高等専門学校・短期大学・大学で1,657人の患者が発生した [57]

この対策のため、流行の中心地である東京都では都立学校の生徒・児童の内のワクチン未接種かつ未罹患者への有償での予防接種の実施、都内市区町村立学校の児童・生徒に対する市区町村が行う措置の支援、私立学校の児童・生徒に対しても同等の支援を行うこととした[58]

東京都の対策とは別に、東京都の市区においても緊急の予防接種が実施された[59]

麻疹・成人麻疹の流行により麻疹ワクチン・MRワクチンの需要が急増し、定期接種ワクチンが前年よりMRワクチンに移行された影響も重なり、全国的にワクチン在庫が不足する事態が生じた。麻疹ワクチンMRワクチンは1歳〜2歳未満・小学校就学前の1年間を定期接種により優先され、それ以外の世代では、緊急接種を除き、ワクチン接種の前に抗体検査を行うことが推奨されたが、それにより一時的に検査試薬が不足する事態を招いた。

10歳〜29歳の麻疹・成人麻疹が多くみられた原因として、定期接種世代の時点で使用されていたMMRワクチンの副反応の影響による接種率の低迷、麻疹発生の減少により、ブースター効果が期待できなくなったことで、抗体価が低下し修飾麻疹が発生したことなどが考えられる[60]

2008年

神奈川県(2008年9月30日現在、3515件)、北海道(1453件)、東京都(1148件)、千葉県(1032件)、福岡県(670件)で地域的流行が発生した[61]

全体の35%を占める神奈川県での流行は、横浜市(2008年10月2日現在、1466件)、横須賀市(679件)が中心[62]であり、横浜市ではこの事態を受けて、2008年3月21日より2009年3月20日の1年間の時限措置として、「定期予防接種対象者を除く1歳〜高校3年生に相当する年齢で、麻しん予防接種を1度も受けておらず、麻しんにり患していない方」を対象にした市費負担による予防接種(任意接種)を実施している[63]

同様に横須賀市では、2008年2月1日より3月31日の2ヶ月間の時限措置として、「2歳から高校3年生(相当年齢)で、麻しん予防接種を未接種、かつ麻しん未罹患の人(小学校入学前1年間の児童を除く)」に定期外予防接種を実施した[64]

2012年

岡山県美作保健所管内で2012年(平成24年)1〜2月にかけ5例の患者が発生し[65]、患者全員からD9型麻疹ウイルスが検出された。5例目の患者はカタル期に200名を超える接触者があり、感染拡大が懸念されたが接触者調査と感染拡大防止に取り組み、3月22日に終息宣言を行った。

1例目から4例目まではワクチン接種歴無し
  • 1例目、1月1日にフィリピンから帰国した6歳女子が1月11日に発熱し医療機関を受診、1月17日にPCR検査で麻疹陽性。
  • 2例目、1月19日に1例目の女児の双子の兄6歳が発熱し医療機関を受診、1月20日にPCR検査で麻疹陽性。
  • 3例目、2月4日に1,2例目と異なる医療機関より入院中の13歳男児が発熱し2月8日にコプリック斑が確認され、2月9日にPCR検査で麻疹陽性。(3例目は、1例目、2例目との明らかな接触は認められない)
  • 4例目、3例目と同じ医療機関に1月23日〜2月1日まで入院していた1歳4カ月の女児が、2月4日に発熱、2月7日に発疹、2月8日にコプリック斑が出現。2月10日にPCR検査で麻疹陽性。
  • 5例目、4例目の女児の叔母44歳が2月14日発熱し、医療機関を受診。しかし、医師は、麻疹の可能性を年齢を根拠に否定したが、その後2月17日発疹やコプリック斑が認められ2月18日PCR検査で麻疹陽性。

感染拡大を防止するため、5例目感染者の2月13日から17日までの行動調査及び接触者調査が実施され、勤務先、立ち寄り先での接触者は254人であった。接触後3日以内のワクチン接種が必要とされていることから、2月17日に感染者の発生報道が報道機関よりなされ、2月18日からは臨時のワクチン接種外来を設置し、46人に緊急のワクチン接種を実施した。

さらに、2月20日にはワクチン未接種者26人を対象として、保健所で21人にPA法の体検査を実施した。また、抗体検査の結果、抗体価64以下の人に対し、医療機関への受診を勧奨しワクチン接種または、γグロブリン投与を行い経過観察がされた。その後、感染を疑われる数例があったが、新たな感染者は報告されなかった。

イギリスウェールズでは、1219名が感染。この流行の原因は、1998年にイギリス人医師アンドリュー・ウェイクフィールドによる「MMRワクチンが自閉症を引き起こす恐れがあると示唆する」と『ランセット』で論文発表の結果、ワクチン接種率が低下したことによる[66]

2014年

日本では、2014年に2006年以降最大の患者数が報告された2008年を上回るペースで患者の報告がされている[51]。ただし流行の規模は小さく数十人単位の小規模な流行であるが、海外渡航経験の無い患者が増加しており二次・三次感染感染が起きている[51][67]

2015年

2015年3月27日、世界保健機関は日本を麻疹の「排除状態」にあると認定した。「排除状態」は、日本に土着するウイルスによる感染が3年間確認されない場合に認定される(2014年の流行などは、日本国外から持ち込まれたウイルスのため、判断に影響していない)[68]

2016年

8月、インドネシアバリ島で感染し帰国した兵庫県在住の男性が、大阪府関西国際空港を利用した際に空港職員[69]や医師に感染が広がった[70][71][72]。またこの男性は、8月14日に千葉県千葉市幕張メッセで開催されたジャスティン・ビーバーコンサートを鑑賞しており、千葉県内でも感染が広がった[70][71]

遺伝子検査の結果、H1型と診断された5例は遺伝子配列も一致、もしくは一致している可能性が高いという結果が得られ、そのうち4例は7月31日に関西国際空港を利用していた[73]。一方、千葉県を中心にD8型が15例検出されている[74]

2013〜2015年、WPR(Western Pacific Region, WHO西太平洋地域)において優位に検出された麻疹ウイルスの遺伝子型および地理的分布は、H1(中華人民共和国を中心としてモンゴルからインドシナ半島北部)、B3(フィリピン群島とベトナム中部)、およびD8とD9(マレー半島からスンダ列島)であった[75]

2018年

4月に台湾から沖縄県への台湾人旅行者が感染源となり[76]、沖縄県内で各地からの旅行者と接触した人に感染が広がり、5月11日時点で119人の感染者が確認されている[77]沖縄本島で流行した麻疹は、遺伝子型D8麻疹ウイルス遺伝子で[78]、他地域でも同型が検出された[79]

近年における麻疹の日本国外での流行

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国では、一時、国内での麻疹の根絶が宣言されたが、海外旅行者が国外からウイルスを持ち帰ったり、麻疹の記憶が薄れたことによって保護者が予防接種を怠ったりなどの理由で、2011年から流行している。2011年は508例が報告されている。2010年以前の過去10年では年平均で約60例であり、2011年に入って数倍に膨れ上がっている[80]

アメリカ合衆国では、2014年の感染症例数は27州で644件と過去最高を記録し[81][82]、12月よりカリフォルニア州で50名を超える患者が発生したことが報道された[83]アメリカ疾病予防管理センター (CDC) の発表によれば、この患者のうち、42名はディズニーランドでの集団感染であった[83]。これに対しカリフォルニア州の保健当局は、ワクチン接種を受けていない高校生20名の自宅待機を命じた[81]

この事態の背景には、科学的に全否定されているが「MMRワクチン自閉症に関係があるのではないか」という根拠のない不安と[82]、予防接種の安全性を疑問視する保護者が子供への予防接種を避けるため、幼児のワクチン接種率が低下している事が原因にある[81]

2019年4月9日、ニューヨーク市保健局は公衆衛生上の緊急事態を宣言[84]

フランス

フランスでは、2007年はほぼ根絶状態にあったが、感染者は復活し、2008年から2011年の間に2万人が罹患した。2017年の感染者数は

イギリス

イギリスでは、1998年に新三種混合ワクチンへの抵抗が強かったウェールズ南西部などで、2012年から麻疹が流行し始め、1200人以上の感染者を出した[85]

イタリア

イタリアでは2000年代から2010年代にかけて、MMRワクチンの接種と自閉症の発症に関連性があるとの噂が流れ、ワクチンへの信頼性が低下。予防接種を受ける子供の数が減ったため、麻疹患者が3倍増となった。これを受け2017年より、予防接種が義務化されている[86]。しかし、イタリアの政党「五つ星運動」など、反ワクチンの主張をする政党も存在し、その勢いは強い。五つ星運動は、2018年3月の選挙において勝利しており、このときには「ワクチンの強制接種は自殺行為」と、ワクチン接種の義務化に反対する公約を掲げている。2018年8月には、予防接種の義務化は廃止された[87][88][89]

ベトナム

ベトナムは麻疹の発生が多く、視覚障害者60万人のうち95%が薬や病気が原因で、麻疹が主な原因である。そのため日本は「麻疹抑制計画」に対する無償資金協力をしている。

サモア

2019年11月、サモアでは麻疹が流行。4歳未満の子供48人を含む53人が死亡した。サモア政府は政府職員らをワクチン接種キャンペーンに参加させるため、同年12月5日から6日にかけて政府機関を閉鎖すると発表した[90]

千葉血清製ワクチンの抗体獲得性の問題

2001年に、沖縄県中部地区で千葉県血清研究所(千葉血清)製ワクチン既接種者を、千葉血清が検査した結果、136検体中111検体に麻しん抗体が認められた(抗体保有率82%)。同一の検体を沖縄県中部地区医師会が別の検査機関に依頼した所、141検体中19検体に麻しん抗体保有が認められた(抗体保有率13%)[91]

  1. 沖縄本島での3歳児健康診査にて2866名の接種歴と麻しん罹患状況を調査した所、沖縄県中部地区のみワクチンの有効性が低いという結果が得られている[91]
  2. 2006年の茨城県内での麻しん発生での調査において、患者の多くが千葉血清製ワクチン既接種者であったが。これについて茨城県竜ヶ崎保健所は「免疫のつき方が弱かったか、一度ついた免疫が次第に弱まってきた可能性が考えられる」としている[92]
  3. 2008年の川崎市内の麻疹発生において、千葉血清製ワクチンを接種した世代に麻疹が特異的に発生した[93]

注釈

  1. ^ ウイルスは世界保健機関 (WHO) の分類により現在AからHの8群、22遺伝子型に分類されている。

出典

  1. ^ A4リーフレット「麻しん(はしか)」は世界で流行している感染症です。厚生労働省(2019年9月6日閲覧)。
  2. ^ a b Caserta, MT: “Measles”. Merck Manual Professional. Merck Sharp & Dohme Corp. (2013年9月). 2014年3月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 加藤茂孝「麻疹(はしか)―天然痘と並ぶ2大感染症だった」『モダンメディア』第56巻第7号、2010年、 159-171頁。
  4. ^ 麻疹とは(2017年6月7日改訂)国立感染症研究所、2019年2月16日閲覧。
  5. ^ 天野忠幸 (2021年5月6日). “応仁の乱と疫病の流行”. 天理大学文学部歴史文化学科. 2022年4月23日閲覧。
  6. ^ 麻疹Q&A”. www.niid.go.jp. 2021年7月12日閲覧。
  7. ^ 東京都多摩立川保健所「麻しん」
  8. ^ a b Measles Fact sheet N°286 (Report). WHO date=November 2014. http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs286/en/. 
  9. ^ a b 岡部信彦ら (2002年10月). “麻疹の現状と今後の麻疹対策について”. 国立感染症研究所. 2018年4月20日閲覧。
  10. ^ 「はしか感染増加 世界で22万人 18年、WHOが警告」日本経済新聞』夕刊2019年2月15日(社会面)2019年2月16日閲覧。
  11. ^ 2019年の例ではイギリスチェコアルバニアギリシャ欧州でもはしか流行の兆し 世界で感染者増とWHO中日新聞』2019年8月29日掲載の共同通信配信記事(2019年9月6日閲覧)。
  12. ^ 麻疹と風疹の抗体保有状況 高知県 (PDF)
  13. ^ 北海道における麻疹 (2008 年)―発生状況と感染症流行予測調査― (PDF)
  14. ^ 伝染性紅斑の成人患者における血清中の麻疹ウイルスIgM抗体価の変動
  15. ^ 麻しんの検査診断について 厚生労働省健康局結核感染症課長 健感発1111第2号 平成22年11月11日
  16. ^ 麻疹ウイルス遺伝子型情報(渡航先と年齢について) - 国立感染症研究所(IASR Vol. 36 p. 57-58: 2015年4月号)
  17. ^ Rubeola keratitis – 麻疹性角膜炎”. 2014年8月31日閲覧。
  18. ^ 1999(平成11)〜2000(平成12)年大阪麻疹流行時の麻疹罹患者における合併症者(2001(平成13)年度大阪感染症流行予測調査会報告)
  19. ^ 2000(平成12)年大阪麻疹流行時調査結果(有効調査数4260例;2001(平成13)年度大阪感染症流行予測調査会報告)
  20. ^ はしか
  21. ^ 柳下(2004)
  22. ^ 信濃生薬研究会林兼道編集『信州の民間薬』全212頁中58頁、医療タイムス社、昭和46年12月10日発行
  23. ^ 千屋誠造、戸梶彰彦、永安聖二ほか「高知県の0歳児における移行抗体保有状況について(麻疹・風疹)」 (pdf) 『高知衛研報』第53巻、2007年、 29-36頁。
  24. ^ 厚生労働省「麻しんについて」
  25. ^ 厚生労働省資料 図17
  26. ^ 一例として、麻しん風しん混合ワクチン任意予防接種費用助成のご案内千葉市(2019年1月8日更新)2019年2月16日閲覧。
  27. ^ 京都新聞2020年4月27日朝刊P5
  28. ^ 米UCLAなど2大学ではしか発生、学生や職員を隔離措置”. CNN (2019年5月1日). 2019年5月3日閲覧。
  29. ^ 年齢別麻疹、風疹、MMRワクチン接種率 - 国立感染症研究所
  30. ^ MR(麻しん風しん混合)ワクチン - Know VPD!
  31. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター麻しんチーム (2008年2月12日). “世界および日本の麻しんの現状、そしてわが国が目指すゴール (PDF)”. pp. 13. 2008年10月7日閲覧。
  32. ^ 予防接種に関する検討会 (2007年8月8日). “"麻しん排除計画案" (PDF)”. 2008年10月6日閲覧。
  33. ^ 厚生労働省 (2008年12月28日). “"麻しんに関する特定感染症予防指針" (PDF)”. 2008年10月6日閲覧。
  34. ^ 厚生労働省健康局結核感染症課; 国立感染症研究所感染症情報センター (2008年5月2日). “都道府県における麻しん対策会議のガイドライン(案) (PDF)”. 2008年10月6日閲覧。
  35. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター; 文部科学省・厚生労働省 (2008年3月). “学校における麻しん対策ガイドライン (PDF)”. 2008年10月6日閲覧。
  36. ^ 茨城県竜ヶ崎保健所; 国立感染症研究所感染症情報センター (2008年1月18日). “保育所・幼稚園・学校等における麻しん対応ガイドライン 第二版 (PDF)”. 2008年10月6日閲覧。
  37. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター麻疹対策チーム (2008年1月23日). “医療機関での麻疹対応ガイドライン(第二版) (PDF)”. 2008年10月7日閲覧。
  38. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター (2008年1月10日). “医師による麻しん届出ガイドライン 第二版 (PDF)”. 2008年10月7日閲覧。
  39. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター (2008年1月31日). “麻しん排除に向けた積極的疫学調査ガイドライン [第二版] (PDF)”. 2008年10月7日閲覧。
  40. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター (2008年2月). “「予防接種管理システム」のお知らせ (PDF)”. 2008年10月7日閲覧。
  41. ^ 島根県健康福祉部薬事衛生課 (2007年12月20日). “島根県における麻しんのまん延予防対策のための指針”. 2008年10月5日閲覧。
  42. ^ 千葉県健康福祉部疾病対策課 (2008年3月31日). “千葉県麻しん対応マニュアル(Vol.2)”. 2008年10月18日閲覧。
  43. ^ a b c d 米大陸で世界初の麻疹根絶、WHOが宣言” (2016年9月28日). 2016年10月21日閲覧。
  44. ^ a b 感染症をFUSEGU 大学生がひらく未来ワクチンを出前できたら? 伊沢拓司さん・専門医と考える DIALOG 日本の未来を語ろう:朝日新聞デジタル” (日本語). DIALOG 日本の未来を語ろう :朝日新聞デジタル. 2021年7月12日閲覧。
  45. ^ “はしか国内「排除状態」…土着ウイルス消滅”. 『読売新聞』. (2013年9月19日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000663-yom-sci 2013年9月20日閲覧。 
  46. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター 病原微生物検出情報事務局 (2009年1月6日). “週別麻疹報告数、2008年第1〜52週(感染症発生動向調査) (PDF)”. 5.年齢群別接種歴別麻しん累積報告数 2008年第1週-52週(n=11,005). 2009年11月27日閲覧。
  47. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター 病原微生物検出情報事務局 (2009年11月18日). “週別麻疹報告数、2009年第1〜46週(感染症発生動向調査) (PDF)”. 5.年齢群別接種歴別麻しん累積報告数 2009年第1週-46週(n=702). 2009年11月27日閲覧。
  48. ^ a b 日本における麻疹ウイルス流行株の変遷 2009〜2012 国立感染症研究所
  49. ^ 麻疹ウイルス分離・検出状況グラフ 国立感染症研究所
  50. ^ <速報>フィリピン渡航者からのB3型麻疹ウイルスによる集合住宅内での集団発生事例―名古屋市, IASR Vol.35 p.178-179:2014年7月号 国立感染症研究所
  51. ^ a b c d 麻疹の小規模流行が全国で散発『日経メディカル』記事:2014年4月23日
  52. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター (2008年2月15日). “麻しん排除を目指す国内外の状況 (PDF)”. 麻しん対策ブロック会議. pp. 10. 2008年10月7日閲覧。
  53. ^ 国立衛生研究所 (2004年3月). “麻疹 2001〜2003年”. 2008年10月5日閲覧。
  54. ^ 茨城県竜ヶ崎保健所 本多めぐみ (2007年9月). “2006年の茨城県南部における麻疹集団発生とその対応”. 2008年10月5日閲覧。
  55. ^ 千葉県衛生研究所 (2008年10月5日). “2006年の麻しん流行状況-千葉県”. 2008年10月5日閲覧。
  56. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター (2006年9月). “注目すべき感染症”. 2007年7月11日閲覧。
  57. ^ 厚生労働省健康局結核感染症課 (2007年7月27日). “麻しん及び成人麻しん施設別発生状況(最終報 全施設合計) (PDF)”. 2008年10月5日閲覧。
  58. ^ 東京都福祉保健局; 東京都生活文化スポーツ局 (2007年5月17日). “学校における麻しん(はしか)流行に対する緊急対策について”. 2008年10月5日閲覧。
  59. ^ 東京小児科医会公衆衛生委員会 (2007年8月23日). “東京都「麻疹緊急対策実施状況」 (PDF)”. 2008年10月13日閲覧。
  60. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター (2007年9月). “年齢別 麻疹,風疹,MMRワクチン接種率”. 2008年10月5日閲覧。
  61. ^ 国立感染症研究所感染症情報センター (2008年9月30日). “都道府県別病型別麻しん累計報告数 (n=10,794) 2008年第1週-38週 (PDF)”. 2008年10月5日閲覧。
  62. ^ 神奈川県衛生研究所感染症情報センター (2008年10月2日). “麻しん発生状況(36)”. 2008年10月5日閲覧。
  63. ^ 横浜市健康福祉局健康安全課 (2008年3月12日). “麻しん(はしか)流行に伴う横浜市の緊急対策について”. 2008年10月5日閲覧。
  64. ^ 横須賀市こども育成部こども健康課 (2008年1月24日). “麻しん(はしか)流行予防への緊急措置”. 2008年10月5日閲覧。
  65. ^ 岡山県における麻しん集団発生について 国立感染症研究所 IASR Vol. 33 p. 166-167: 2012年6月号
  66. ^ 英のはしか流行、ワクチン問題視した15年前の論文に翻弄されて”. 『ウォール・ストリート・ジャーナル』日本語版 (2013年7月22日). 2015年1月29日閲覧。
  67. ^ IDWR 2014年第8号<注目すべき感染症>2013年第48週〜2014年第8週の麻疹発生状況 国立感染症研究所感染症疫学センター
  68. ^ 麻しん対策について(麻しん排除国の認定)”. 2016年8月4日閲覧。
  69. ^ 空港内従業員の「麻しん(はしか)」感染について 関西エアポート株式会社 2016年9月5日 (PDF)
  70. ^ a b “関空利用者のはしか急増=拡散恐れ、注意呼び掛け-厚労省”. 時事通信. (2016年8月31日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016083100878&g=soc 2016年8月31日閲覧。 
  71. ^ a b “大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告”. 毎日新聞. (2016年8月24日). http://mainichi.jp/articles/20160825/k00/00m/040/024000c 2016年8月31日閲覧。 
  72. ^ “関空従業員16人はしか感染 20代から30代の男女 4人が入院 利用者の相談や受診呼びかけ”. 産経west. (2016年8月31日). http://www.sankei.com/west/news/160831/wst1608310074-n1.html 2016年8月31日閲覧。 
  73. ^ 国立感染症研究所 (2016年9月2日). “推定感染地域が共通の場所と考えられた麻しん報告例について”. 2016年9月6日閲覧。
  74. ^ 2016年麻しん患者情報(41例、2016年第1〜34週、8月31日集計) 国立感染症研究所 (PDF)
  75. ^ 国立感染症研究所. “WHO西太平洋地域における麻疹排除(IASR Vol. 37 p. 62-64: 2016年4月号)”. 2016年9月6日閲覧。
  76. ^ 錦光山雅子・生田綾 (2018年4月25日). “はしかが沖縄で流行中、専門医が「旅行キャンセルより予防接種を」と呼びかけるわけ”. ハフィントンポスト日本版. 2018年5月12日閲覧。
  77. ^ はしか感染拡大、予防接種の強化を周知へ”. TBS (2018年5月11日). 2018年5月12日閲覧。
  78. ^ 沖縄県感染症情報センター
  79. ^ 過去1カ月間の海外渡航歴、国内旅行歴のない麻疹の1例 IASR(2018年5月15日)
  80. ^ “予防接種を軽視 米で麻疹再流行の兆し”. サンケイビズ. (2012年5月8日). http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120508/cpd1205080505008-n1.htm 
  81. ^ a b c 米加州で「はしか」15年ぶりに流行、ディズニーランドが発生源”. 『ウォール・ストリート・ジャーナル』日本語版 (2015年1月22日). 2015年1月29日閲覧。
  82. ^ a b 米で強まるはしかワクチン懐疑論”. 『ウォール・ストリート・ジャーナル』日本語版 (2015年1月27日). 2015年1月29日閲覧。
  83. ^ a b 米ディズニーランドではしか流行、50人あまり感染”. CNN.co.jp (2015年1月22日). 2015年1月29日閲覧。
  84. ^ “ニューヨーク市、「はしか」大流行で緊急事態宣言 日本の外務省が渡航者に注意呼びかけ”. (2019年4月10日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5cad79ede4b0e833aa330ace 2019年4月14日閲覧。 
  85. ^ JEANNE WHALEN; BETSY MCKAY (2013年7月22日). “英のはしか流行、ワクチン問題視した15年前の論文に翻弄されて”. 『ウォール・ストリート・ジャーナル』. http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323689904578619712364812812.html 2013年7月22日閲覧。 
  86. ^ イタリア、予防接種を就学の条件に AFP(2017年5月20日)2017年5月20日閲覧
  87. ^ Nick Robins-Early (2018年9月11日). “反ワクチン派の政党が政権をとったイタリアで今、起きていること”. ハフィントン・ポスト. https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/11/anti-vaxxers_a_23523492/ 2018年9月22日閲覧。 
  88. ^ 木村正人 (2018年8月22日). “欧州ではしか(麻疹)が大流行の恐れ 半年で感染者4万1000人超の異常な勢いを煽るフェイクニュース”. ニューズウィーク. https://www.newsweekjapan.jp/kimura/2018/08/41000.php 2018年9月22日閲覧。 
  89. ^ “ヨーロッパで麻疹(はしか)が流行、イタリアではワクチン接種義務が後退”. 財経新聞. (2018年9月15日). https://www.zaikei.co.jp/article/20180915/466019.html 2018年9月22日閲覧。 
  90. ^ サモア政府、はしか対策で2日間閉鎖へ 死者50人超”. CNN (2019年12月3日). 2019年12月3日閲覧。
  91. ^ a b 朝日新聞社 (2003年11月30日). “はしかワクチン、効果8割 千葉のメーカー出荷”. asahi.com. 2008年10月3日閲覧。
  92. ^ 茨城県保健福祉部保健予防課危機管理室 (2006年6月8日). “牛久市・取手市を中心とした麻しん(はしか)患者の発生について(第6報) (PDF)”. 2008年10月3日閲覧。
  93. ^ かたおか小児科クリニック Dr.かたおか (2008年6月26日). “麻しん発生状況での疑問”. Dr.かたおかの診療日誌. 2008年10月3日閲覧。






麻疹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麻疹」の関連用語

麻疹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麻疹のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麻疹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS