大白蓮華 他メディアとの違い

大白蓮華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/02 01:12 UTC 版)

他メディアとの違い

創価学会が日蓮正宗から破門された1990年代以降、創価学会教学部が主催する「教学試験」(後述)の出題範囲には必ず、対立教団を非難する項目の問題が出題されるため、教学試験の出題範囲を解説する誌上には対立教団(日蓮正宗)を非難するまとまった分量の記事が掲載される。

直近では2016年7月号及び10月号で、2016年9月25日実施の青年部教学試験2級と2016年11月20日実施の教学部任用試験 (仏法入門)[5]の出題範囲に入ったとして、対立教団を非難する項目の解説が行われた。

特別号

特別号は、通巻番号の節目などに行われることがある。最近では2008年(平成20年)5月号で700号、2016年(平成28年)6月号が800号の記念号となっている。

教学試験

教学試験の種類には、教学部任用試験 (仏法入門)[5]と、青年部向けの青年部教学試験1級、青年部教学試験2級、青年部教学試験3級などがある。

任用試験[5]は中等部[6]以上を対象とし、1年に1回実施[7]。学会未入会ながらも座談会に参加している「会友」の受験も認めている。

任用試験の試験範囲は、「御書3編[8]、「教学入門」、「世界広布と創価学会」からなる。

任用試験に合格すると、教学部助師の資格が得られる他、会友は教学部員として正式に入会することができる。

青年部教学試験は、男子部・女子部・学生部・女子学生部が受験対象で、未来部に属する高等部員は任用試験に合格していても受験できない。

  • 青年部教学試験3級の受験資格として、教学部助師であることが必要である。
  • 青年部教学試験2級の受験資格として、青年部教学試験3級に合格していることが必要である。
  • 青年部教学試験1級の受験資格として、青年部教学試験2級に合格していることが必要である。

青年部教学試験1級のあった翌年には青年部教学試験2級が行われ、青年部教学試験2級の翌年には青年部教学試験3級、青年部教学試験3級の翌年には青年部教学試験1級という順に行われる。ただし、日程の延期はある。

壮年部・婦人部が対象となる教学試験として、上級試験、中級試験、初級試験がある。これらも青年部教学試験とほぼ同じような日程で行われる。なお青年部教学試験、教学部教学試験は、任用試験合格後も入会しないままの会友は受験できない[9]

青年部教学試験3級合格者の教学資格は壮年部・婦人部への移行とともに自動的に助教授補に切り替わる。同様に、青年部教学試験2級合格者の教学資格は教授補、青年部教学試験1級合格者の教学資格は教授にそれぞれ切り替わる。しかし、青年部教学試験1級の面接試験が省略されるようになったので、壮年部・婦人部への移行時の面接試験の合格が教授への切り替えの条件となっている。

なお、2014年の任用試験からはマーク方式が導入され、2017年には「初級試験・青年部教学試験3級」にもマーク方式が導入された[10][11]。いずれの場合にも、試験実施1ヶ月前の聖教新聞に解説記事が掲載された[12]

創価学会教学部の教学資格と試験の対応表
壮年部・婦人部 青年部
資格名 試験名 資格名 試験名
教授 上級試験 青年部教学資格1級 青年部教学試験1級
教授補 中級試験 青年部教学資格2級 青年部教学試験2級
助教授補 初級試験 青年部教学資格3級 青年部教学試験3級
教学部助師 教学部任用試験 (仏法入門)[5] 教学部助師 教学部任用試験 (仏法入門)[5]

上記とは別に、学生部では独自で学生部教学実力試験を夏頃に実施している。

教学試験の教材

教学部が主催する「教学試験」が行われる時期に、教材として大白蓮華の臨時増刊号が発行される。ただし、教学部の判断によっては通常号の後半部分で特集として出題範囲の解説が行われたり、参考書が単行本として発行される場合もある。

2016年(平成28年)9月25日実施の「教学部中級試験・青年部教学試験2級」では、臨時増刊号に代えて単行本『世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために 「開目抄」』が発行され、これと本誌2016年7月号後半の特集記事の2点の出版物で試験範囲を網羅した。また、11月20日実施の「教学部任用試験 (仏法入門)[5]」では、試験範囲となる「御書3編」として発表された本誌2016年3~5月号の「座談会拝読御書の解説」を10月号に特集記事として再掲した。なお、2017年(平成29年)9月24日実施の「教学部初級試験・青年部教学試験3級」では、佐渡御書(本誌2017年2月号の御書講義拝読範囲)と立正安国論の第9・10段、『仏法入門 任用試験のために』[13][14]などの単行本を使用すると予告されている[9]

2018年(平成30年)6月実施予定[15]の「教学部任用試験(仏法入門)[5]」では、大白蓮華9月号に出題範囲が掲載された際、『仏法入門 任用試験のために』と同様の音声解説機能が追加された[14]




  1. ^ a b 2016年(平成28年)11月の会則改正で、「三代会長の敬称は、「先生」とする。」とされたため、個人名の次に「先生」の表記が用いられている。詳しくは創価学会会則 第1章 総則を参照のこと。
  2. ^ 『大白蓮華』2018年1月号、21頁。
  3. ^ 「大白蓮華1月号 おわびと訂正」『聖教新聞』2017年12月27日付、2面。
  4. ^ 週刊現代』(講談社)2018年3月3日号、68頁。
  5. ^ a b c d e f g 2016年度の教学部任用試験から、呼称に「(仏法入門)」の語句を追加。
  6. ^ 2016年の任用試験までは満15歳以上または高等部以上。
  7. ^ 2017年11月26日に実施予定だった2017年分の任用試験は第48回衆院選の影響で無期延期となり、2018年6月に繰り延べされることが2017年11月10日の全国総県長会議で正式発表された。なお、2018年分の任用試験はこの繰り延べに伴って実施されない。
    詳細は下記発言を参照のこと
    2017年11月11日付け聖教新聞2面記事「総県長会議での原田会長の指導(要旨)」より。
    「また、本年延期となった教学部任用試験 (仏法入門)は、明年6月に実施することといたします。(中略)なお、明年の任用試験はこの1回のみといたします。試験範囲については、本年予定していたものと全く同じです。」
  8. ^ 基本的には試験が行われる年の大白蓮華に掲載される「座談会拝読御書の解説」の中から無作為に抽出して出題されるため、出題される御書が毎年変動する。
  9. ^ a b 「9月 教学部初級試験、青年部3級試験を実施 立正安国論・佐渡御書などから出題」- 聖教新聞 2017年4月13日付。
  10. ^ 聖教新聞2017年7月11日
  11. ^ 「上級試験・青年部教学試験1級」と「中級試験・青年部教学試験2級」は引き続き筆記式で行われる。
  12. ^ 聖教新聞2014年10月4日、聖教新聞2015年10月17日、聖教新聞2016年10月15日
  13. ^ 出題される御書が毎年変動する「御書3編」以外の全出題範囲(「教学入門」・「世界広布と創価学会」)を掲載。QRコードを読み込むと、全出題範囲の音声解説を聴けるシステムが導入されている。なお、任用試験が実施される際には期間限定で「御書3編」の音声解説機能も追加。
  14. ^ a b 「仏法入門 任用試験のために」 音声
  15. ^ 2017年11月11日付け聖教新聞2面記事「総県長会議での原田会長の指導(要旨)」より。
    「また、本年延期となった教学部任用試験 (仏法入門)は、明年6月に実施することといたします。(中略)なお、明年の任用試験はこの1回のみといたします。試験範囲については、本年予定していたものと全く同じです。」


「大白蓮華」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大白蓮華」の関連用語

大白蓮華のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大白蓮華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大白蓮華 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS