LDH (芸能プロダクション)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > LDH (芸能プロダクション)の意味・解説 

LDH (芸能プロダクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 02:01 UTC 版)

株式会社LDH JAPAN(エルディーエイチ ジャパン)は、日本芸能事務所エンターテインメント企業である。




  1. ^ 株式会社LDH JAPANの情報”. 国税庁法人番号公表サイト (2017年1月18日). 2018年3月1日閲覧。
  2. ^ (株)LDH JAPANΙ新卒採用・会社概要”. マイナビ2019 (2018年3月1日). 2018年3月1日閲覧。
  3. ^ EXILEパフォーマー MATSU × ÜSA × MAKIDAI LDH創設メンバーの3人が語る トランスフォームする生き物 EXILEの未来のカタチ”. GOETHE (2016年2月4日). 2017年9月28日閲覧。
  4. ^ 第126回 森 雅貴 氏 株式会社LDH 代表取締役副社長”. Musicman-NET (2014年10月23日). 2015年1月16日閲覧。
  5. ^ headline.pdf”. EXPG HEADLINE Vol.056 (2017年2月). 2017年5月22日閲覧。
  6. ^ EXILE HIRO世界進出、17年LDH再構築”. 日刊スポーツ (2016年10月23日). 2016年10月23日閲覧。
  7. ^ 世界のEXILEになる!事務所LDHが「米・欧・亜」にも活動拠点”. サンスポ (2016年10月24日). 2016年11月9日閲覧。
  8. ^ 【インタビュー】EXILEや三代目JSBが所属、世界を目指すLDHのアパレル部門を支える小川哲史”. FASHIONSNAP.COM (2017年1月13日). 2017年12月16日閲覧。
  9. ^ LDHはなぜ飲食業に進出? LDH kitchen代表 鈴木裕之氏が語る、食とエンタテインメントの融合”. Real Sound (2018年2月11日). 2018年8月7日閲覧。
  10. ^ 芸能事務所が映画配給を行うメリットとは? LDH picturesの可能性を探る”. Real Sound (2017年11月21日). 2017年11月22日閲覧。
  11. ^ LDH JAPAN、新会社設立を発表”. モデルプレス (2017年9月15日). 2017年9月25日閲覧。
  12. ^ 不慣れな経理…EXILE事務所申告漏れ”. 日刊スポーツ (2010年3月25日). 2013年9月2日閲覧。
  13. ^ EXILE・HIRO、「所得隠しのような意図的な行為は一切ない」 公式ホームページでコメント”. ORICON NEWS (2010年3月24日). 2013年9月2日閲覧。
  14. ^ 「EXILE」所属事務所が3億申告漏れ 「意図的行為一切ない」”. 産経ニュース (2018年7月5日). 2018年7月5日閲覧。
  15. ^ この度の報道に関して”. LDH (2018年7月5日). 2018年7月11日閲覧。
  16. ^ 第一生命、LDH JAPANと社会貢献の包括連携協定を締結”. ORICON NEWS (2017年9月13日). 2017年10月9日閲覧。
  17. ^ 「LDH」ルールブックを書籍化、夢をかなえるための言葉紹介”. スポニチ (2018年2月25日). 2018年3月3日閲覧。


「LDH (芸能プロダクション)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「LDH (芸能プロダクション)」の関連用語

LDH (芸能プロダクション)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



LDH (芸能プロダクション)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLDH (芸能プロダクション) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS