CLIとは?

シー‐エル‐アイ【CLI】


CUI

フルスペル:Character User Interface
読み方シーユーアイ
別名:キャラクタユーザーインターフェースキャラクターユーザーインターフェースキャラクターベースコマンドラインインターフェースCommand Line Interface,CLI

CUIとは、コンピューター表示操作方式ユーザーインターフェース)のうち、情報文字によって表示し、キーボードからの入力によって操作を行う方式のことである。

CUIではいくつかの記号を含む文字によって全ての情報表示され、コマンド呼ばれる文字列命令用いて操作が行われる。CUIで操作するにはいくつかのコマンド習得しておく必要があり、初心者にとって敷居が高いという難点があるが、操作画像使用しないので表示のためのコンピュータリソース抑えることができる利点がある。

CUIに対して情報アイコンなどの画像マウスなどの操作によって行う方式GUIグラフィカルユーザーインターフェース)と呼ばれる。CUIに比べて、GUIではより直観的な状態把握操作が可能となっている。なお、GUIとCUIのどちらが採用されるかは、オペレーティングシステムによって左右されることが多い。

CUIは初期コンピュータでは標準的ユーザーインターフェースであり、UNIXMS-DOSなどではCUIが採用されていた。現在ではGUI主流となっており、MS-DOSGUIWindows世代交代した他、UNIXでもGUI実装進んでいる。ただしプログラミングや高度なコンピューティングを行う場面ではCUIが利用されることも多い。Windowsでも、コマンドプロンプト呼ばれる機能によってCUI環境利用可能となっている。


CLI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/22 15:19 UTC 版)

CLI



共通言語基盤

(CLI から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/24 10:55 UTC 版)

共通言語基盤(きょうつうげんごきばん、英語: Common Language Infrastructure、略称 : CLI)は、.NET Frameworkの基幹を構成する実行コードや実行環境などについてマイクロソフトが策定した仕様である。仕様は、ECMA-335 および ISO/IEC 23271 として標準化され公開されている。CLIは、プログラミング言語コンピュータ・アーキテクチャに依存しない環境を定義しており、様々な高水準言語で書いたソースコードが書き直すことなく他のプラットフォームでも使える。


  1. ^ Paul Holman. “Portable Entertainment Development - the console approach” (英語). SCEE. 2012年2月22日閲覧。


「共通言語基盤」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CLI」の関連用語

CLIのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CLIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
PHPプロ!PHPプロ!
©COPYRIGHT ASIAL CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCUIの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCLI (改訂履歴)、共通言語基盤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS