生命の樹とは? わかりやすく解説

せいめい‐の‐き【生命の樹】


せいめいのき 【生命の樹(木)】


生命の樹

作者川端康成

収載図書反橋・しぐれ・たまゆら
出版社講談社
刊行年月1992.9
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書戦後占領期短篇小説コレクション 1 1945-46年
出版社藤原書店
刊行年月2007.9


生命の樹

作者高尾五郎

収載図書ゼームス物語 第4巻 大いなる旅立ち
出版社清流出版
刊行年月2004.8


生命の樹

作者キャサリン・ルーシル・ムーア

収載図書シャンブロウ
出版社論創社
刊行年月2008.7
シリーズ名ダーク・ファンタジー・コレクション


生命の樹

読み方:イノチノキ(inochinoki)

作者 川端康成

初出 昭和21年

ジャンル 小説


生命の樹

読み方:セイメイノキ(seimeinoki)

作者 高見順

初出 昭和31~33年

ジャンル 小説


生命の木

(生命の樹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 05:33 UTC 版)

生命の木(せいめいのき)とは、神話学などにおいて、世界の諸神話に広く見られる、生命を象徴する木という神話モチーフを類別する概念である。代表的なものに北欧神話の世界樹聖書生命の樹仏教娑羅樹メソポタミアの"生命の木"、アッティスキュベレーの神話、常世国の非時香菓(ときじくのかぐの木の実)を成らせる木などのモチーフがある。


注釈

  1. ^ ギルガメシュ叙事詩では、ギルガメシュは不死を求めて旅立ったとされるが手に入れられなかったとする。
  2. ^ 日本でも常世国を常夜国と表記し、そこに黄泉国もあるとした例がみられる。

出典

  1. ^ 『古代伝説と文学』 土居光知 (岩波書店) 272-274頁 1968年第5刷。
  2. ^ a b c 『古代伝説と文学』 土居光知 (岩波書店) 275-285頁 1968年第5刷。


「生命の木」の続きの解説一覧

生命の樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 06:29 UTC 版)

犬神 (漫画)」の記事における「生命の樹」の解説

旧約聖書創世記書かれているエデンの園中央に植えられとされる木。本州無人化後に桐生読み通り、日本のほぼ中央に位置する長野県から発生し、高さが宇宙空間にまで達して国際宇宙ステーション乗員その様子を目撃して地上報告した

※この「生命の樹」の解説は、「犬神 (漫画)」の解説の一部です。
「生命の樹」を含む「犬神 (漫画)」の記事については、「犬神 (漫画)」の概要を参照ください。


生命の樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 08:10 UTC 版)

パックワールド」の記事における「生命の樹」の解説

パワーベリーが生っているパックワールド生命となる大きな樹。この無いとパックワールド大変なことになる。厳重な警備と強いセキュリティーシステムによって守られている。復活マシーン同じく隠す場所を変えている。

※この「生命の樹」の解説は、「パックワールド」の解説の一部です。
「生命の樹」を含む「パックワールド」の記事については、「パックワールド」の概要を参照ください。


生命の樹(セフィロト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 18:48 UTC 版)

とある魔術の禁書目録の用語」の記事における「生命の樹(セフィロト)」の解説

2000年上前から語られるカバラ概念神様天使人間の「魂の位(レベル)」を10段評価したピラミッド簡単に言えば身分階級表であり、「神様絶対主義」を図で表したものとされている天使守護する10球体22の径で大きな宇宙(せかい)と小さな宇宙にくたい)を繋いで超常起こす対応表でもある10セフィラからは「四界」と呼ばれる、「原形世界(オーラムアツイルト)」「創造世界(オーラムブリアー)」「形成世界(オーラムイェツィラー)」「物質世界(オーラムアッシャー)」の4つの世界構成される。さらに、秘された11番目のセフィラとして「知識ダアト)」が存在する。7本のロウソクによって例えられるメノラーという別表現もある。

※この「生命の樹(セフィロト)」の解説は、「とある魔術の禁書目録の用語」の解説の一部です。
「生命の樹(セフィロト)」を含む「とある魔術の禁書目録の用語」の記事については、「とある魔術の禁書目録の用語」の概要を参照ください。


生命の樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 09:30 UTC 版)

モンスターストライク (アニメ)」の記事における「生命の樹」の解説

天界存在する神樹

※この「生命の樹」の解説は、「モンスターストライク (アニメ)」の解説の一部です。
「生命の樹」を含む「モンスターストライク (アニメ)」の記事については、「モンスターストライク (アニメ)」の概要を参照ください。


生命の樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:39 UTC 版)

太陽の塔」の記事における「生命の樹」の解説

太陽の塔内部につくられている高さ45メートルの「生命の樹」は、生命支えエネルギー象徴であり、未来向かって伸びてゆく生命力強さ表現しているこうした生物の進化樹状の表象として図解し最初の生物学者はフリードリッヒ・ヘッケルであり、通常系統樹」「進化」と呼ばれている。岡本太郎旧蔵書八杉龍一著『生物学』(1956年版)にも「系統樹とされている。これを「生命の樹」と呼ぶことは異例である。一方、伝岡本太郎旧蔵のクルト・セリグマン著『魔法歴史』には、ユダヤ教神秘主義の「カバラ」が詳述されている。「カバラ」は「生命の樹」のことである。 「生命の樹」とは人間と形上学存在との契約意味する非合理的象徴である。岡本自身は系統樹」と「生命の樹」の意味相違知っていた可能性極めて高いが「系統樹」と命名すべきオブジェを「生命の樹」と呼ぶこととなった背景にはテーマ展示担当他のプロデューサー等とのかかわりなどがあったもの考えられる。 この「生命の樹」は、単細胞生物から人類が誕生するまでを、下から順に<原生時代>、<三葉虫時代>、<魚類時代>、<両生類時代>、<爬虫類時代>、<哺乳類時代>にわけて、その年代ごとに代表的な生物模型によって表していた。当時「生命の樹」のには292体の模型取り付けられており、これらのうちの一部電子制御装置により、動いていた。デザインウルトラマン造形知られる成田亨岡本太郎原案を元に制作した。なお、これらの模型円谷プロが製作を行った内部エスカレーターもしくは展望エレベーター国賓専用)で一階から上層部まで、登りながら見学することができた。 修復されるまでの塔内は、これら模型大多数散逸してしまったが一部と幹は健在。「ここから並んで60分です」と示されたサインボードなども存在しており、当時賑わい密閉され空間内封印していた。内部修復工事決定する2016年10月工事最後の内部公開が行われ、500人定員に8万人応募殺到した修復工事では耐震性上げるため壁を20センチメートル厚くし、重量のあるエスカレーター階段に付け替えるなどした。万博当時は強制的に5分最上部まで登っていたが、階段にしたことによりゆっくりと鑑賞することができる。内部が少し狭くなったことや安全性考慮し292体あった生物模型183になった153体は新規に制作し29体を修復した。生命の樹上部ゴリラのみは経年を表すため頭がもげ、内部機構出た態で展示されている。新規制作され模型一部ディテール向上している。また、最下層ポリプには照明埋め込まれた。展示されている生物紹介するパネル当時のものを使用している

※この「生命の樹」の解説は、「太陽の塔」の解説の一部です。
「生命の樹」を含む「太陽の塔」の記事については、「太陽の塔」の概要を参照ください。


生命の樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 15:14 UTC 版)

新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の記事における「生命の樹」の解説

劇場版26話において、生命の実知恵の実両方手にし神と等しき存在となっていた初号機が、ロンギヌスの槍侵食を受け、二つの実が融合され、命の胎芽たるものへと還元された姿。上下だけでなく前後にも幹が生えており、立体的な十字架のような形をとるユダヤ教カバラにおける生命の樹の一つである「さかさまの」と呼ばれるもの。

※この「生命の樹」の解説は、「新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の解説の一部です。
「生命の樹」を含む「新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の記事については、「新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の概要を参照ください。


生命の樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 02:47 UTC 版)

パク人」の記事における「生命の樹」の解説

生命の樹は一種の灌木で、独特の匂いを放つ25パク年(42地球年)未満年齢ブリーダーはその匂いをほとんど知覚出来ないか、あるいは不快に感じる。だがそれ以上の年齢になると急激に魅力的なもの感じるようになり食べずいられなくなるブリーダーがその根の部分食べ根に共生するウイルス体内に取り込むことで形態の変化始まる。 生命の樹を摂取したあとパク人人類のような類縁種もそうだが)はブリーダー形態からプロテクター形態へと変化する。これには解剖学的な再構成が伴う。皮膚ナイフをもはじき返す革の鎧(外骨格)のように硬質化する。関節は「メロンココナッツかたどった人間の形」のようになるまで肥大化し、それにより筋肉四肢与えられるトルク大きくなるため力が強くなり、自分の体重10倍の重量持ち上げることが可能になる外性器失われ鼠径部二心室の第二心臓形成される手の爪は出し入れ可能な鉤爪変化する。歯は抜け落ち唇が融合するので骨ばったくちばしのようになる。脳は非常に増大するその結果精神チンパンジーのような比較下等な種族の場合でも人類知能はるかに超えるものに変化するプロテクター変化した人類知性人類のそれを凌駕する(ルイス・ウープロテクター心をブリーダーの「ぼやけた」ものと比べるとダイアモンド」の精密さ洞察力明晰さを持つものだと述べている)。 頭髪はすべて抜け落ち新たに拡がった頭蓋骨保護するため頭には骨ばったうね状の構造現れるプロテクター寿命延び一万地球年ほども生きること出来る。だがほとんどのプロテクター他のプロテクターとの闘争直接あるいは間接的な結果死んでしまう。そのため高齢での死というものはパク人世界ではめったにないことであった。 いったんプロテクター変化してしまうと、彼らは体内ウイルス維持するためより多くの生命の木の根を定期的に摂取しなければならなくなる。ウイルス欠乏する衰弱し死に至るプロテクターは生命の樹さえあればいつまででも生きていられる他の種類食物でも食べることはできるが、主食生命の木の根である。

※この「生命の樹」の解説は、「パク人」の解説の一部です。
「生命の樹」を含む「パク人」の記事については、「パク人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生命の樹」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生命の樹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生命の樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生命の木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの犬神 (漫画) (改訂履歴)、パックワールド (改訂履歴)、とある魔術の禁書目録の用語 (改訂履歴)、モンスターストライク (アニメ) (改訂履歴)、太陽の塔 (改訂履歴)、新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧 (改訂履歴)、パク人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS