梓実とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 生薬 > 梓実の意味・解説 

キササゲ

キササゲ
科名 ノウゼンカズラ科
別名: ライデンボク
生薬名: シジツ(梓実)
漢字表記
原産 中国原産
用途 6月から7月淡黄色の花が咲き、秋にササゲに似た長い果実がつきます。民間脚気腎臓炎に、中国では利尿薬として用います。
学名: Catalpa ovata G. Don
   

キササゲ

(梓実 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/15 14:41 UTC 版)

キササゲ(木大角豆、学名:Catalpa ovata)はノウゼンカズラ科落葉高木。生薬名で梓実(しじつ)と呼ばれる。日本で「梓(し)」の字は一般に「あずさ」と読まれ、カバノキ科ミズメ(ヨグソミネバリ)の別名とされるが、本来はキササゲのことである。




「キササゲ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「梓実」の関連用語

梓実のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



梓実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキササゲ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS