急性放射線障害とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 急性放射線障害の意味・解説 

急性放射線障害

読み方:きゅうせいほうしゃせんしょうがい
英語:Acute Radiation SyndromeARS

短時間大量放射線を浴びる(被ばくする)ことによってあらわれ障害被ばく直後から数週間以内発症するものを指す。

急性放射線障害は「急性放射線症」および「急性放射線皮膚障害」を含む。「急性放射線症」は放射線によって体内細胞破壊され、下痢嘔吐白血球減少はじめとする症状現れる症候群である(腸や脊髄ダメージを受けやすい)。また、放射線皮膚障害」は、被ばく影響皮膚熱傷ヤケド)のような症状呈するものを指す。

また、上記症状の他に、被ばくによる即死も、急性放射線障害に含まれる

なお、急性放射線障害に対して被ばく数年経てから影響が出はじめる放射線障害を「慢性放射線障害」という。

関連サイト
電離放射線に係る疾病の業務上外の認定基準について - 労働省労働基準局昭和51年


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「急性放射線障害」の関連用語

急性放射線障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



急性放射線障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS