御辞儀とは?

お じぎ [0] 【御辞儀】

( 名 ) スル
〔「辞儀」を丁寧にいう語〕
頭を下げ挨拶すること。 「先生に-する」
遠慮すること。辞退。 「何しに-申ましよ、両人ながらお茶はえたべませぬ/浄瑠璃氷の朔日


御辞儀

読み方:おじぎ

名詞辞儀」に、接頭辞「御」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お辞儀

(御辞儀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 16:43 UTC 版)

お辞儀(おじぎ、英語: bow)とは、挨拶や感謝、敬意などを表すために、相手に向かってを折り曲げる動作である。単に「辞儀」とも言う(「お」を付けるのは「お金」や「お酒」と同様、美化語である)。


  1. ^ 『昭和の国民礼法 : 文部省制定』国民礼法研究会 編著 (帝国書籍協会, 1941)


「お辞儀」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御辞儀」の関連用語

御辞儀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



御辞儀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお辞儀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS