富士山の火山防災対策とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 富士山の火山防災対策の意味・解説 

富士山の火山防災対策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 17:37 UTC 版)

富士山の火山防災対策(ふじさんのかざんぼうさいたいさく)は、将来予想される富士山噴火に際してその被害を最小限に抑え、迅速適切な復旧作業を行うよう国が主導して行っている、調査・対策・検討などの活動。富士山は約300年の間噴火していなかったため、桜島十勝岳などの活発な火山と比較すると災害対策は進んでいなかった。2000年以前は、富士山の火山活動については東京大学気象庁などが独自に研究調査を行っている状態であった。しかしこの年に富士山の地下で頻発した低周波地震をきっかけに富士山の噴火が真剣に検討されるようになり、2001年7月11日内閣府の防災担当が主導する富士山火山防災協議会が発足した。富士山が噴火した場合、その影響範囲が広域にわたるため、火山の災害対策としては今までになかった広範囲の災害対策の検討が始まった。




「富士山の火山防災対策」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

富士山の火山防災対策のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



富士山の火山防災対策のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富士山の火山防災対策 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS