北条霞亭とは?

ほうじょうかてい ほうでう-北条霞亭 ○

1780~1823 江戸後期漢詩人志摩の人。名は襄、字(あざな)は子譲・景陽、亭は号。京や江戸で学んだ後、菅茶山迎えられて廉塾塾頭となり、ついで福山藩儒となった。著「霞亭摘藁」「亭渉筆」ほか。

北条霞亭

作者森鴎外

収載図書北条霞亭―森鴎外全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1996.6
シリーズ名ちくま文庫


北条霞亭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 14:06 UTC 版)

北条 霞亭(ほうじょう かてい、安永9年9月5日1780年10月2日) - 文政6年8月17日1823年9月21日))は、江戸時代の漢学者志摩的矢出身。名は譲。字は子譲、士譲、景陽、通称は譲四郎。霞亭の他に天放生の号を用いた。


  1. ^ 磯部郷土史刊行会 編(1963):268ページ


「北条霞亭」の続きの解説一覧



北条霞亭と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北条霞亭」の関連用語

北条霞亭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北条霞亭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北条霞亭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS