北の政所とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 政所 > 北の政所の意味・解説 

きた‐の‐まんどころ【北の政所】

読み方:きたのまんどころ

摂政関白正妻敬っていう語。のちには、大臣大納言中納言正妻をもいった。

特に、豊臣秀吉正妻敬称。→高台院(こうだいいん)


北政所

(北の政所 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 14:10 UTC 版)

北政所(きた の まんどころ)は、平安時代三位以上の公卿正室の呼び名。また後に、宣旨をもって特に授けられた摂政関白の正室の称号。


  1. ^ 近衛政家。湯川敏治『戦国期公家社会と荘園経済』(続群書類従完成会、2005年)18-19頁、62-64頁。
  2. ^ 二年後、後陽成天皇聚楽第行幸が滞りなく終わると、同日付けでおねの位階は破格の従一位に陞叙されている。
  3. ^ 江戸時代の史書には、このおねの「北政所」を略して北庁(旧字体:北廰)と書いたものも多い。また北政所在世当時の公家などの日記には単に「政所」と記す場合も多い。


「北政所」の続きの解説一覧



北の政所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北の政所」の関連用語

北の政所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北の政所のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北政所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS