ペギー・A・ウィットソンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ペギー・A・ウィットソンの意味・解説 

ペギー・A・ウィットソン

分類:宇宙飛行士


名前:ペギー・A・ウィットソン(Peggy A. Whitson)
性別:女
国名:アメリカ
生年月日:1960年2月9日(アイオワ州マウントアユル)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-111/エンデバー号)、国際宇宙ステーション計画(第5次滞在クルー)

ウィットソンは、高校卒業後、1981年にアイオア州ウェスレヤン大学生化学部卒業し、1985年ライス大学生化学博士号取得しました。その後NASAジョンソンスペースセンター(JSC)にて研究開始し、1988年4月から1989年9月まで、JSC契約会社KRUGインターナショナル社で生化学研究グループ管理者務めました。米ソ宇宙医学生物学共同作業グループメンバーシャトル・ミール計画での科学者JSC医療化学部門の副部長、米ロミッション科学作業グループ副議長をへて、1996年宇宙飛行士訓練開始しました。2002年6月STS-111で、初飛行をとげました。

1.同じロケット衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-111で、W.G.コルズン、S.Y.トレシェフと同乗しました。

2.宇宙どのようなことを行いどのようなことに成功しているの?
STS-111ではフライトエンジニアとして搭乗し、ISSロボットアームトラス上を移動する際に使用する「モバイル・ベース・システム」の設置多目的補給モジュールレオナルド」での実験装置物資搬入行いました。第5次国際宇宙ステーション(ISS)滞在クルーとして2人ロシア人クルーと共に約6ヵ月ISS滞在し、STS-113帰還しました。

3.どれくらい時間宇宙飛んでいるの?
約6ヵ月宇宙滞在行いました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペギー・A・ウィットソン」の関連用語

ペギー・A・ウィットソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ペギー・A・ウィットソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency

©2019 Weblio RSS