カウハッチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > カウハッチの意味・解説 

カウハッチ・スーパーカウハッチ


生後2〜3カ月齢までの子牛を、1頭ずつ収容し飼育する屋外装置小屋をカウハッチ(またはカーフハッチ)と呼んでます。小屋大きさは幅1.2m、奥行き1.8〜2.4m、高さ1.2m程度で、以前はベニヤ板などで作っていまし たが、最近軽量耐食性強度に優れたFRP繊維強化プラスチック製の小屋多く用いられ ます。その形も長方形の小屋で、前に小さな運動用パドック設けたものや(写真A/北海道 士幌町山岸牧場)、モンゴル遊牧民使用する移動式住居パオ似た円形のものもあります。(写真B/北海道浜中町研修牧場)。床には稲ワラ乾草オガクズモミなどを敷いて乾燥保温心がけます。この床に敷いたワラなどは、子牛糞尿一緒に堆肥として牧草地還元されます。
飼料給水具はハッチ内側に取り付けたり写真円形もののよう横にあいた窓の 縁に組み込まれたものなどがあります


カウハッチ カウハッチ
写真A/カーフハッチ 写真B/カーフハッチ



そして3カ月齢を過ぎると、数頭をまとめて飼育するスーパーカーフハッチへ移されます。
木製小屋外に運動用パドック設け自由に動きまわれるようになっています。 (写真C/北海道浜中町育成牧場)。
1頭当たりの面積は2〜3平方メートル冬の風対策に特に注意はらいますまた、牛舎の隅などに囲いだけを作って子牛収容するものはカーフペン と呼ばれてます。床を常に乾燥させていることが大切で、床に2%程度傾斜をつけて排水よくするなど、衛生面気をつけることが主要です。


カウハッチ
写真C/ス−パーカーフハッチ



<ミルククラブ情報誌'95 WINTER vol.14より>



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カウハッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カウハッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2022 Japan Dairy Council All right reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS