うろこ雲とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > うろこ雲の意味・解説 

うろこ雲

作者和野秀彦

収載図書大地に口付けを掌編小説
出版社近代文芸社
刊行年月1994.1


うろこ雲

作者宮沢賢治

収載図書ザ・賢治―全小説全一冊 グラスレス眼鏡無用 大活字版
出版社第三書館
刊行年月2007.1


巻積雲

(うろこ雲 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 20:36 UTC 版)

巻積雲(けんせきうん)は雲の一種。白色で陰影のない非常に小さな雲片が多数の群れをなし、集まって魚のや水面ののような形状をした雲。絹積雲とも書く。また、鱗雲うろこ雲)、鰯雲いわし雲)、さば雲などとも呼ばれる。




  1. ^ 5.雲と天気の変化”. 啓林館. 2019年10月26日閲覧。


「巻積雲」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「うろこ雲」の関連用語

うろこ雲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



うろこ雲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巻積雲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS