SDスピードクラスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > SDスピードクラスの意味・解説 

SDスピードクラス

読み方エスディースピードクラス
【英】SD Speed Class

SDスピードクラスとは、SDメモリーカードSDHCデータ転送速度に関する規格である。SDアソシエーションSDA)が策定した。

SDスピードクラスでは、データ書き込む際の最低転送速度に基づき3つのレベルを定義している。「Class2」は毎秒2メガバイト(MB/秒)、「Class4」は4MB/秒、「Class6」は6MB/秒の最低転送速度保証されている。この規格により、メーカー製品ごとの転送速度違いもに迷わなくなる。また、大量データ転送動画撮影記録といった用途では、転送速度の不足によるコマ落ちを防ぐために高速規格選択するといったことも可能である。

SDスピードクラスは、SDHCに伴う規格として発表された。SDメモリーカードmicroSDではオプションとして適用され、SDHCmicroSDHCなどの大容量規格では、SDスピードクラスへの準拠必須となっている。

SDスピードクラスに準拠した製品は、ラベル部分に、レベルに応じたマーク付与される。なお、各レベル速度データ転送を行うためには、ホスト側の機器も同じレベルのSDスピードクラスに対応している必要がある


参照リンク
SDスピードクラス - (SD Association
半導体メモリのほかの用語一覧
メモリーカード:  SmartMedia  SDHC  SDXC  SDスピードクラス  SDアソシエーション  SD-Video  SD WORM

SDスピードクラス

読み方えすでぃーすぴーどくらす

SDメモリーカードデータ転送速度については、じつはメーカー各社によって表現異なったり、測定条件まちまちという実態があった。「80倍速」や「150倍速」といった倍速表示や、「2MB/秒」や「20MBps」という実測表記、あるいは理論値などを見たことがあると思うが、ユーザーにはわかりにくかった。そこで平成18年業界団体SDカードアソシエーションが SDHCメモリーカード策定機にユーザーカード選びをもっと簡単にという趣旨のもと、データ転送速度目安を「SDスピードクラス」として定めた。最初に規格化されたのは、Class 2、Class 4、Class 6の3つ。ちなみにこの速度はいわば最低保証であり、最大速度ではないことを覚えておこう。

Class 2  読み書き時のデータ転送速度が最低 2MB/秒 
Class 4  読み書き時のデータ転送速度が最低 4MB/秒 
Class 6  読み書き時のデータ転送速度が最低 6MB/秒 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SDスピードクラス」の関連用語

SDスピードクラスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




SDスピードクラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSDスピードクラスの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2014 モーターマガジン社 All rights reserved.

©2014 Weblio RSS