アドレナリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > ホルモン > アドレナリンの意味・解説 

(+)‐エピネフリン

分子式C9H13NO3
慣用名(+)-アドレナリン、(+)-Adrenaline、(+)-Epinephrine、(+)-4-[(S)-1-Hydroxy-2-(methylamino)ethyl]-1,2-benzenediol、(+)-エピネフリン、(S)-α-(Methylaminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol
体系名:4-[(S)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール、(S)-α-[(メチルアミノ)メチル]-3,4-ジヒドロキシベンジルアルコール、(+)-4-[(S)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール、(S)-α-(メチルアミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


エピネフリン

分子式C9H13NO3
慣用名アドレナリン、エピネフリン、l-アドレナリン、l-エピネフリン、(-)-アドレナリン、(-)-エピネフリン、AdrenalineEpinephrine、l-Adrenaline、l-Epinephrine、(-)-Adrenaline(-)-Epinephrine(R)-1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-methylaminoethanol、4-[(R)-1-Hydroxy-2-(methylamino)ethyl]-1,2-benzenediol、L-アドレナリン、L-Adrenaline、[R,(-)]-1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-methylaminoethanol、ケラフリン、アドレナール、アドネフリン、アドレニン、ヘモスタシン、ヘミシン、エハドリン、エピレナン、1-エピレナミン、エピネフラン、エピネフリナ、アドリン、Hemisine、Epirenan、Exadrin、1-Epirenamine、Epinephran、Epinefrina、Adrin、Chelafrin、Adrenal、Adnephrine、Adrenine、レノホルム、レナリナ、レナグランジン、レナレプチン、パラネフリン、ニエラリン、ネフリジン、ムシドリナ、メチルアルテレノール、レボレニン、ハイペルネフリン、ヘモスタチン、Renostyptin、Renostypticin、Renoform、Renalina、Renaleptine、Renaglandin、Paranephrin、Nieraline、Nephridine、Mucidrina、Levorenine、Levorenin、Hypernephrin、Hemostasin、ボスミン、Bosmin、エピスタ、(R)-アドレナリン、(R)-Adrenaline(R)-エピネフリン、(R)-Epinephrine(R)-エピレナミン、(R)-Epirenamine、L型エピネフリン、L-Epinephrine、4-[(1R)-1-Hydroxy-2-(methylamino)ethyl]-1,2-benzenediol、(R)-α-[(Methylamino)methyl]-3,4-dihydroxybenzenemethanol、(R)-α-(Methylaminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol、エピペンEpipen、Methylarterenol
体系名:(R)-2-(メチルアミノ)-1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)エタノール(R)-α-[(メチルアミノ)メチル]-3,4-ジヒドロキシベンジルアルコール、4-[(R)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール、[R,(-)]-1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-メチルアミノエタノール、4-[(1R)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール(R)-α-[(メチルアミノ)メチル]-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール、(R)-α-(メチルアミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


アドレナリン

同義/類義語:エピネフリン
英訳・(英)同義/類義語:adrenaline, adrenalin

低分子量のホルモンで、交感神経興奮によって副腎皮質から分泌され、グリコーゲンの分解促進して血糖量増加させる。糖質コルチコイドグルカゴン同様の作用をもつ。1901年高峰譲吉結晶化しアドレナリンと命名したが、同じ年に外国でも結晶化され薬局方エピネフリン記載

エピネフリン

同義/類義語:アドレナリン
英訳・(英)同義/類義語:epinephrine, Adrenaline

低分子量のホルモンで、交感神経興奮によって副腎皮質から分泌され、グリコーゲンの分解促進して血糖量増加させる。糖質コルチコイドグルカゴン同様の作用をもつ。1901年高峰譲吉結晶化しアドレナリンと命名したが、同じ年に外国でも結晶化され薬局方にエピネフリンと記載

エピネフリン(アドレナリン)

多くの種で副腎髄質から放出される交感神経作用物質。α、βアドレナリン作用系を刺激し、血管収縮胃腸の弛緩心臓への刺激気管支大脳血管拡張する。喘息心不全の際に使われたり、局所麻酔吸収遅らせるために使われる。

Name Epinephrine, Adrenaline
MeSH 68004837
Molecular Weight 183.20442 g/mol
Molecular Formula C9H13NO3
XLogP 0.5
PubChem image 5816

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アドレナリン


アドレナリン【あどれなりん】


アドレナリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/17 18:39 UTC 版)

アドレナリンadrenaline、英名:アドレナリン、米名:エピネフリン、IUPAC組織名:4-[1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]ベンゼン-1,2-ジオール)は、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。分子式はC9H13NO3




  1. ^ アドレナリとエピネフリン
  2. ^ Yamashima T (2003). “Jokichi Takamine (1854–1922), the samurai chemist, and his work on adrenalin”. J Med Biogr 11 (2): 95–102. PMID 12717538. 
  3. ^ a b Bennett M (1999). “One hundred years of adrenaline: the discovery of autoreceptors”. Clin Auton Res 9 (3): 145–59. doi:10.1007/BF02281628. PMID 10454061. 
  4. ^ Takamine J (1901). The isolation of the active principle of the suprarenal gland. Great Britain: Cambridge University Press. pp. xxix-xxx. http://books.google.com/?id=xVEq06Ym6qcC&pg=RA1-PR29#PRA1-PR29,M1. 


「アドレナリン」の続きの解説一覧





アドレナリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アドレナリン」の関連用語

アドレナリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アドレナリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2014 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
JRA競走馬総合研究所JRA競走馬総合研究所
Copyright (C) 2014 JRA競走馬総合研究所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドレナリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS