アドレナリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > ホルモン > アドレナリンの意味・解説 

(+)‐エピネフリン

分子式C9H13NO3
その他の名称:(+)-アドレナリン、(+)-Adrenaline、(+)-Epinephrine、(+)-4-[(S)-1-Hydroxy-2-(methylamino)ethyl]-1,2-benzenediol、(+)-エピネフリン、(S)-α-(Methylaminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol
体系名:4-[(S)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール、(S)-α-[(メチルアミノ)メチル]-3,4-ジヒドロキシベンジルアルコール、(+)-4-[(S)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール、(S)-α-(メチルアミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


エピネフリン

分子式C9H13NO3
その他の名称:アドレナリン、エピネフリン、l-アドレナリン、l-エピネフリン、(-)-アドレナリン、(-)-エピネフリン、AdrenalineEpinephrine、l-Adrenaline、l-Epinephrine、(-)-Adrenaline(-)-Epinephrine(R)-1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-methylaminoethanol、4-[(R)-1-Hydroxy-2-(methylamino)ethyl]-1,2-benzenediol、L-アドレナリン、L-Adrenaline、[R,(-)]-1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-methylaminoethanol、ケラフリン、アドレナール、アドネフリン、アドレニン、ヘモスタシン、ヘミシン、エハドリン、エピレナン、1-エピレナミン、エピネフラン、エピネフリナ、アドリン、Hemisine、Epirenan、Exadrin、1-Epirenamine、Epinephran、Epinefrina、Adrin、Chelafrin、Adrenal、Adnephrine、Adrenine、レノホルム、レナリナ、レナグランジン、レナレプチン、パラネフリン、ニエラリン、ネフリジン、ムシドリナ、メチルアルテレノール、レボレニン、ハイペルネフリン、ヘモスタチン、Renostyptin、Renostypticin、Renoform、Renalina、Renaleptine、Renaglandin、Paranephrin、Nieraline、Nephridine、Mucidrina、Levorenine、Levorenin、Hypernephrin、Hemostasin、ボスミン、Bosmin、エピスタ、(R)-アドレナリン、(R)-Adrenaline(R)-エピネフリン、(R)-Epinephrine(R)-エピレナミン、(R)-Epirenamine、L型エピネフリン、L-Epinephrine、4-[(1R)-1-Hydroxy-2-(methylamino)ethyl]-1,2-benzenediol、(R)-α-[(Methylamino)methyl]-3,4-dihydroxybenzenemethanol、(R)-α-(Methylaminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol、エピペンEpipen、Methylarterenol
体系名:(R)-2-(メチルアミノ)-1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)エタノール(R)-α-[(メチルアミノ)メチル]-3,4-ジヒドロキシベンジルアルコール、4-[(R)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール、[R,(-)]-1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-メチルアミノエタノール、4-[(1R)-1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール(R)-α-[(メチルアミノ)メチル]-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール、(R)-α-(メチルアミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


アドレナリン

同義/類義語:エピネフリン
英訳・(英)同義/類義語:adrenaline, adrenalin

低分子量のホルモンで、交感神経興奮によって副腎皮質から分泌され、グリコーゲンの分解促進して血糖量増加させる。糖質コルチコイドグルカゴン同様の作用をもつ。1901年高峰譲吉結晶化しアドレナリンと命名したが、同じ年に外国でも結晶化され薬局方エピネフリン記載

エピネフリン

同義/類義語:アドレナリン
英訳・(英)同義/類義語:epinephrine, Adrenaline

低分子量のホルモンで、交感神経興奮によって副腎皮質から分泌され、グリコーゲンの分解促進して血糖量増加させる。糖質コルチコイドグルカゴン同様の作用をもつ。1901年高峰譲吉結晶化しアドレナリンと命名したが、同じ年に外国でも結晶化され薬局方にエピネフリンと記載

エピネフリン(アドレナリン)

多くの種で副腎髄質から放出される交感神経作用物質。α、βアドレナリン作用系を刺激し、血管収縮胃腸の弛緩心臓への刺激気管支大脳血管拡張する。喘息心不全の際に使われたり、局所麻酔吸収遅らせるために使われる。

エピネフリン

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アドレナリン


アドレナリン【あどれなりん】


アドレナリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/11 02:52 UTC 版)

アドレナリンadrenaline、英名:アドレナリン、米名:エピネフリン、IUPAC組織名:4-[1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]ベンゼン-1,2-ジオール)は、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。分子式はC9H13NO3




  1. ^ アドレナリンとエピネフリン
  2. ^ Yamashima T (2003). “Jokichi Takamine (1854–1922), the samurai chemist, and his work on adrenalin”. J Med Biogr 11 (2): 95–102. PMID 12717538. 
  3. ^ a b Bennett M (1999). “One hundred years of adrenaline: the discovery of autoreceptors”. Clin Auton Res 9 (3): 145–59. doi:10.1007/BF02281628. PMID 10454061. 
  4. ^ Takamine J (1901). The isolation of the active principle of the suprarenal gland. Great Britain: Cambridge University Press. pp. xxix-xxx. http://books.google.com/?id=xVEq06Ym6qcC&pg=RA1-PR29#PRA1-PR29,M1. 
  5. ^ 愛知県衛生研究所 高峰譲吉発見・命名の「アドレナリン」を日本名として採用、愛知県、2015年12月最終確認


「アドレナリン」の続きの解説一覧





アドレナリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アドレナリン」の関連用語

アドレナリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

緑繁縷

多摩川

ひずみゲージ

フィンガーグルーブ

アシベニイグチ

TE450

ツガ

宇坪入





アドレナリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2017 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドレナリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS