DDRとは?

DDR

(1)ドイツ民主共和国いわゆる旧東ドイツ正式名称の略。
(2)「DDR SDRAM」の略。メインメモリ一種
(3)コナミ発売したダンスゲーム「ダンスダンスレボリューション」の略。「ダンレボ」とも言う。

ダブルデータレート

【英】Double Data Rate, DDR

ダブルデータレートとは、データ転送などを行う際、各回路の同期に用いられるクロック信号立ち上がり・立ち下がりの両方利用して処理を行う技術のことである。

通常クロック信号立ち上がりか立ち下がりのいずれか一方利用して同期取りる。ダブルデータレートではその両方利用することで、2倍の効率で処理を行うことを可能としている。

ダブルデータレートの仕組み採用した技術の例として、PCメインメモリに用いられるSDRAMシンクロナスDRAM)に適用してデータ転送速度高速化を実現したDDR SDRAMがある。DDR SDRAMDDR2 SDRAMの略称として、DDRの名称が用いられていることもある。

半導体メモリのほかの用語一覧
RAM:  240ピンDIMM  30ピンSIMM  72ピンSIMM  ダブルデータレート  デュアルチャネル  WRAM  XDR DRAM

DDR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/12 11:16 UTC 版)

DDRは以下の略語。




「DDR」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DDR」の関連用語

DDRのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DDRのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリダブルデータレートの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDDR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS