馬氏文通とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 馬氏文通の意味・解説 

馬氏文通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/15 09:57 UTC 版)

馬氏文通』(ばしぶんつう)は、清朝末期に馬建忠が著した古典中国語文法書。


注釈

  1. ^ 馬建忠のいう代字は名詞だけでなく、動詞形容詞副詞などに代わる語も含まれ、現代文法における代名詞の概念を超えるものである。そのため、ここでは代名詞とせず、ひとまず代詞と訳する。

出典

  1. ^ a b c d 玄(2013年)1013ページ
  2. ^ a b c d e 大島(2011年)240ページ
  3. ^ a b c 徳岡(1995年)584ページ
  4. ^ 小島・松山(1986年)35ページ
  5. ^ a b c 小島・松山(1986年)36ページ
  6. ^ a b c d 徳岡(1995年)585ページ
  7. ^ a b c d e f 大島(2011年)241ページ
  8. ^ 小島・松山(1986年)10ページ
  9. ^ 小島・松山(1986年)15ページ
  10. ^ 小島・松山(1986年)27ページ
  11. ^ 小島・松山(1986年)29ページ
  12. ^ a b 大島(2011年)242ページ
  13. ^ a b c d e f 大島(2011年)243ページ
  14. ^ a b c 大島(2011年)244ページ
  15. ^ 大島(2011年)246ページ
  16. ^ a b 大島(2011年)247ページ
  17. ^ a b 大島(2011年)248ページ


「馬氏文通」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬氏文通」の関連用語

馬氏文通のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬氏文通のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬氏文通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS