締めるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 締めるの意味・解説 

し・める【締める/閉める】

読み方:しめる

[動マ下一[文]し・む[マ下二

強く引っ張ったりひねったりして、緩みないようにする。「三味線の糸を—・める」「元栓を—・める」「ねじを—・める」

長い布やひもなどを巻きつけて、緩まないように固く結ぶ。「帯を—・める」「ネクタイを—・める」

鍵などで固定して動かないようにする。「鍵を—・める」

強く押しつけてしぼる。「ダイズを—・めて油をとる

㋐(「緊める」とも書く)気持ち態度などを緊張させるまた、管理厳しくする。「気を—・めてかかる」「新入部員を—・める」「派を—・める存在

懲らしめるとっちめる。「餓鬼大将一度—・めてやろう」

出費切り詰める節約する。「交際費を—・める」「家計を—・める」

物事まとまったことを祝ってみんなで一緒に手を打ち合わせる手打ちする。「最後に手を—・めていただきましょう

(「〆る」とも書く)そこまで一区切りとして合計するまた、飲食店で会計を頼む。「売り上げを—・める」「いったん—・めてください

(「〆る」とも書く)あれこれ飲み食いして終わり食べ物とする。「鍋料理雑炊で—・めよう」

10 (「〆る」とも書く)塩や酢で魚の身をひきしめる。「サバを酢で—・める」

11 魚の鮮度を保つため、血抜きをする。→活け締め

12閉める)あいていた窓や戸などをぴったりとじる。「雨戸を—・める」⇔開(あ)ける。

13閉める)その営業業務終了するまた、廃業する。「店を—・める」「窓口五時に—・めます」⇔開(あ)ける。

14 取り決める

胸中残さずうち明けて、評議を—・めむといふ間もあらせず」〈浄・忠臣蔵

15 契りを結ぶ

「—・めてはなれし身なりしを、また結びかへ行く旅の」〈浮・御前義経記・三〉

→閉(と)じる[用法]

[下接句] 勝って兜(かぶと)の緒を締めよ財布の紐(ひも)を締める・箍(たが)を締める・手綱を締める手を締める

「締める」に似た言葉

締める

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 08:06 UTC 版)

和語の漢字表記

める(しめる)

  1. しめる 参照

「締める」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

締めるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



締めるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの締める (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS