抱くとは? わかりやすく解説

いだ・く【抱く/懐く】

読み方:いだく

[動カ五(四)

腕でかかえ持つ。だく。「ひしと—・く」「母親の胸に—・かれる」

かかえるように包み込む。「村々を—・く山塊」「大自然の懐に—・かれる」

ある考え感情をもつ。「疑問を—・く」「青年大志を—・け」

しっかり守る。擁護する

任那(みまな)を—・き守ることおこたることなきなり」〈欽明紀〉

[可能] いだける

→抱(かか)える[用法]


うだ・く【抱く/懐く】

読み方:うだく

[動カ四]腕にかかえる。いだく。だく。

「身をたをやかになして、鞠を—・き侍るべし」〈撰集抄・八〉


だ・く【抱く】

読み方:だく

[動カ五(四)《「いだく」の音変化

㋐腕を回してしっかりとかかえるように持つ。「子供を—・く」「肩を—・く」

㋑卵をかえすために、鳥がの上にしゃがむ。「親鳥が卵を—・く」

男性女性共寝をする。同衾(どうきん)する。「男に—・かれる」

人をまきぞえにする。人を罪に陥れる

手前(てめえ)も俺も是までだ、手前が—・くか俺が—・くか」〈伎・小袖曽我

→抱(かか)える[用法]

[可能] だける


む‐だ・く【抱く】

読み方:むだく

[動カ四]《「身(む)綰(た)く」の意か。「綰く」は手を使ってある動作をする意》だく。いだく。

上野(かみつけの)安蘇(あそ)のま麻群(そむら)かき—・き寝(ぬ)れど飽かぬをあどか我(あ)がせむ」〈万・三四〇四〉


抱く

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 01:37 UTC 版)

和語の漢字表記

抱く (だく, いだく, うだく, むだく)

  1. 腕で、自分抱え込んで持つこと。だく, うだく, むだく を参照
  2. 上記の意味に加え精神的に抱え込んで持つこと、思うこと。いだく を参照

「抱く」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「抱く」に関係したコラム

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

抱くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



抱くの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの抱く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS