函館ハリストス正教会の鐘とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 函館ハリストス正教会の鐘の意味・解説 

函館ハリストス正教会の鐘

北海道函館市

●よく聞ける時期
土曜日夕刻日曜日午前

●よく聞けるところ
教会およびその周辺

寄りみち
エキゾチックムード漂わす元町は、旧函館区公会堂旧イギリス領事館カトリック元町教会、聖ヨハネ教会など、洋館教会多く点在する。また、函館山からの眺望見逃せない

函館ハリストス正教会の鐘 ハリストス正教会は、初代ロシア領事館附属聖堂として安政6年(1859)に建てられたのが始まり現在の建物大正5年(1916)に建設されたものである

 ロシア司祭ニコライ日本にはじめて伝えとされるギリシャ正教由緒あるこの教会は、白い壁青緑尖塔をあしらったビザンチン様式優美外観印象的で、観光客の目をひときわきつける。さらに、市民からも「ガンガン寺」の愛称親しまれ、函館シンボルとして、国の重要文化財指定されている。

 その鐘は、オルゴールのようなメロディのある独特の明る音色を響かせ、港を見下ろす異国情緒あふれる元町一帯景色とともに訪れ人々憩いひととき安らぎ与えている。函館ハリストス正教会の鐘

アクセス

市電JR函館駅から市電で5分。十字街電停下車徒歩10分。
市バスJR函館駅から徒歩分の棒二森屋バス停から8分、元町下車
マイカー函館空港から国道278号で6キロ

問い合わせ先
函館市商工観光観光観光課・北海道函館市東雲町4−13、0138・21・3327




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「函館ハリストス正教会の鐘」の関連用語

函館ハリストス正教会の鐘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



函館ハリストス正教会の鐘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS