凌雲集とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 凌雲集の意味・解説 

りょううんしゅう〔リヨウウンシフ〕【凌雲集】


りょううんしゅう ‥シフ 【凌雲集】


凌雲集

読み方:リョウウンシュウ(ryouunshuu)

分野 漢詩

年代 平安前期

作者 小野岑守〔ほか撰〕


凌雲集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/04 11:04 UTC 版)

凌雲集(りょううんしゅう)は、平安時代初期の弘仁5年(814年)に嵯峨天皇の命により編纂された日本初の勅撰漢詩集。全1巻。正式名称は凌雲新集小野岑守菅原清公らによって編纂された。作者は平城天皇、嵯峨天皇、大伴親王ら23人で、全90首。なお、後に1首が加えられ、91首となって現在に伝わっている。




「凌雲集」の続きの解説一覧



凌雲集と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凌雲集」の関連用語

凌雲集のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



凌雲集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凌雲集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS