ホクト12号菌とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > ホクト12号菌の意味・解説 

ホクト12号菌【ホクト12ゴウキン】(きのこ類)

※登録写真はありません 登録番号 第10749号
登録年月日 2002年 9月 30日
農林水産植物の種類 ぶなしめじ
登録品種の名称及びその読み ホクト12号菌
 よみ:ホクト12ゴウキン
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 ホクト産業株式会社
品種登録者の住所 長野県長野市大字南堀村東138番地1
登録品種の育成をした者の氏名 石井真北原美保、稻冨聡
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「ホクト8号菌」に出願所有系統菌株交配して育成されたものであり、さん中央部の色が暗灰褐色で、柄の形が太長の施設栽培向きの品種である。さんの大きさは小、断面丸山形、中央部の色は暗灰褐色周縁部の色は浅灰茶色、肉の厚さは厚い、肉質は普通である。斑紋多少は普通、大小は中、分布の状態は周縁部以外、明瞭度明瞭である。しゅうの色は白色並び方は正常、幅及び密度は普通である。柄の長さはやや長、さんへのつき方は中心生、形は太長、さんの直径柄の長さとの比率は2.1以上である。種菌接種からかきまでの培養期間は7180日、かき後の最適温度における子実体収穫までの期間は20~25日、芽出し最適温度は15~18子実体生長最適温度は15~17である。子実体発生型は状型、収量は121g以上/瓶、有効本数は26~30本である。「宝の華M-8171」と比較して、柄が長いこと等で、「ホクト8号菌」と比較して、しゅうの並び方が正常であること等で区別性が認められる。なお、「宝の華M-8171」及び「ホクト8号菌」との対峙培養において帯線を形成する。
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成9年出願者の施設長野県長野市)において、「ホクト8号菌」に出願所有系統菌株交配し、その菌株の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し、11年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホクト12号菌」の関連用語

ホクト12号菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホクト12号菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2019 Weblio RSS