ベーパー・ロックとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ベーパー・ロックの意味・解説 

ベーパーロック

英語 vapor lock

液体を使った系が、液体沸点以上に加熱されたときに、発生した気泡配管などのシステム内に閉じ込められ正常に作用しなくなる状態をいう。ブレーキまたはクラッチではペダルストロークが急激に増加し、踏力の伝達能力きわめて悪くなる燃料系統にも生じ、この場合燃料供給不良になる。この現象液体温度が下がれば解消される。ブレーキでは、長い坂道でブレーキ多用した場合や、高速からのブレーキ繰り返し場合などで起こることがある。ベーパーロックは、ブレーキ液沸点密接な関係があり、沸点の高いブレーキ液を使うことはもちろん、劣化して沸点の下がった古いブレーキ液定期的に交換することが望ましい。

参照 ブレーキ液
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ベーパーロック現象

(ベーパー・ロック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 07:55 UTC 版)

ベーパーロック現象(ベーパーロックげんしょう、英語: vapor lock)とは、液体が加熱され生じた泡により液体の流動や圧力の伝達が阻害される現象のこと[1][2][3]。ヴェイパーロック現象とも。典型例としては、自動車フットブレーキ液圧系統内部にブレーキフルード過熱による沸騰気泡蒸気)が生じる現象として知られる。この状態でブレーキペダルを踏んでも気泡が圧力を吸収してしまいブレーキの効きは著しく悪化する。


  1. ^ Tay FR, Gu LS, Schoeffel GJ, et al: Effect of vapor lock on root canal debridement by using a side-vented needle for positive-pressure irrigant delivery. J Endod, 36:745-750, 2010., doi:10.1016/j.joen.2009.11.022
  2. ^ 木村誓、村井幸一、燃料協会誌 56巻 (1977) 9号 p.732-742, doi:10.3775/jie.56.9_732
  3. ^ 環境に貢献するガスタービン燃焼器技術 三菱重工技報 Vol.46 No.2(2009) (PDF)
  4. ^ 自動車用潤滑油について


「ベーパーロック現象」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベーパー・ロック」の関連用語

ベーパー・ロックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベーパー・ロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベーパーロック現象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS