ソフトウェアハウスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ソフトウェアハウスの意味・解説 

ソフトウエア‐ハウス【software house】


ソフトハウス

別名:ソフトウェアハウス
【英】software house

ソフトハウスとは、ソフトウェアパッケージ開発ソフトウェア受託開発を主要業務としている企業のことである。

一般的にソフトハウスというと自社開発ソフトウェア販売する企業を指す場合少なくないが、企業からソフトウェア開発受託する企業を指す場合のほうが多い。ユーザー企業から直接受託する開発業務少なく大手のソフトハウスやシステムインテグレータから2次、あるいは3次の下請けとして作業請け負うことが多い。

ソフトハウスの企業規模はさまざまであるが、規模大きな企業場合ソフトウェア開発だけではなくハードウェア製造や、システムインテグレーションコンサルティングなどの事業も行っている場合がほとんどであり、ソフトウェア開発専業にしている多くのソフトハウスは中小規模である。

ソフトハウスは、大きく分けてメーカー系」「ユーザー系」「独立系」の3種類に大別できる。

メーカー系ソフトハウスは、ITベンダー系列下にあるソフトハウスである。親会社製品戦略に対応したソフトウェア開発を得意とすることが多い。

ユーザー系ソフトハウスは、金融製造運輸などの大手企業が、自社システム構築のために設立したソフトハウスである。親会社業務領域ソフトウェア開発強みを持つ。親会社向けのソフトウェア開発がほとんどのソフトハウスもあれば、親会社だけでなくさまざま企業向けにソフトウェア開発しているソフトハウスもある。

独立系ソフトハウスは、親会社を持たずに、独自の経営戦略基づいてビジネスを展開しているソフトハウスである。メーカー系ソフトハウスやユーザー系ソフトハウスに比べる企業規模小さいことが多い。

ソフトハウスは、ソフトウェア開発を行う技術者さえ確保できれば設備投資先行開発投資がほとんど不要であり、容易に会社設立できることもあって、小規模ながら多数企業ビジネスを展開している。しかしながらビジネスグローバル化進展し、中国インドなどアジア諸国によるオフショア受託本格化する中で、国内多くのソフトハウスは厳し国際競争にさらされている。今後は、プロジェクトマネジメントノウハウや、ビジネス特定の業務分野において専門知識蓄積することが急務となっている。


ソフトウェアハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/04 20:18 UTC 版)

ソフトウェアハウスあるいはソフトハウスとは、情報システムの構成要素となるソフトウェアを開発する会社である。事業内容としては下請けとしてソフトウェア開発作業を受託して実施するか、自社ブランドのソフトウェアの開発と販売を行う。一般的には社員の殆どがプログラマである。主にシステムインテグレーションの下請け構造の説明で用いられる用語で、自社サービスの展開を主力事業とするWeb系企業を含めない使い方が一般的である。


  1. ^ ソフトハウスとは 「ソフトウェアハウス」 (software house): - IT用語辞典バイナリ”. www.sophia-it.com. 2019年6月18日閲覧。
  2. ^ a b xTECH(クロステック), 日経. “ソフトハウス大淘汰時代” (日本語). 日経 xTECH(クロステック). 2019年6月18日閲覧。


「ソフトウェアハウス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソフトウェアハウス」の関連用語

ソフトウェアハウスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソフトウェアハウスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソフトハウスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソフトウェアハウス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS