コーキング材とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > リフォーム用語 > コーキング材の意味・解説 

コーキング‐ざい【コーキング材】

《「コーキング剤」とも書く》構造物継ぎ目・すきまに注入して、水漏れ空気漏れを防ぐ粘着性の充塡(じゅうてん)剤。→シーリング材


コーキング材

水密気密目的として目地隙間(すきま)などに充填じゅうてん)する、合成樹脂または合成ゴム製のペースト状(のり状)の材料で、シーリング材ともいわれる外装材ジョイント部やサッシ回りガラスはめ込み部などに用いられる。

コーキング材

施工する際にできる「部材部材隙間」を埋めるためのもの。粘着性充填剤が用いられ、水漏れ空気漏れを防ぐ。

コーキング材


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーキング材」の関連用語

コーキング材のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーキング材のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2020 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2020 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.

©2020 Weblio RSS