キュー・アールとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > キュー・アールの意味・解説 

QR

読み方:キュー・アール、クイック・レスポンス
【英】:Quick Response

QRは、1980年代米国誕生した消費財企業における改革考え方方法論である。主にアパレル業界適用される

日本では、1990年代国内繊維産業構造改革主導する繊維構造改善事業協会組織され、産官協働でのQR活動進展した。

QRでは、(1)効率的品揃え、(2)効率的プロモーション、(3)効率的生産調達、(4)取引ルール透明化という4つの領域における改革機会追求し、消費者満足と収益力強化をねらう。

上記改革機会追求にあたっては、社内機能間はもとより企業間とのコラボレーション協働)を必要とする。消費者需要牽引される高精度高速・高回転ビジネスモデルをいかに築くかが焦点となる。

最近では、サプライチェーンマネジメントという言葉置換されてはいるが、効率的需要充足だけではなく効果的需要創造との同時実現追及する姿勢が大切である。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キュー・アール」の関連用語

キュー・アールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キュー・アールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS