キャッシュ・バランス・プランとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > キャッシュ > キャッシュ・バランス・プランの意味・解説 

キャッシュ・バランス・プラン

別名:CBプラン
【英】:Cash Balance Plan

キャッシュ・バランス・プランとは、国債利回りなどの指標利率に応じて目標運用利回り設定年金原資積み立てる方式で、「確定給付型年金」の一種である。2002年4月から、金利連動型の新型企業年金として可能となった。

具体的には、仮想個人口座設け毎年付与額(たとえば、一定額や給与一定割合)にあらかじめ定め客観的指標(たとえば、国債利回り)に基づく利率で付利を行い支給開始時までに積み上げ元利合計額を年金原資として年金給付を行う給付設計となっている。

管理は、実際に年金資産個人ごとに区分するのではなく一括でなされ、事業主基金)がその資産運用することになる。

従来確定給付年金では、運用成績計画達しない場合企業側がすべて穴埋めなければならないが、経済環境利率変動する新型年金なら企業負担軽くなることができる。

一方確定拠出年金日本版401K)は成績悪化に伴う企業追加負担ゼロだが、従業員はすべて自己責任運用する必要があるのに対し、新型年金では従業員運用責任を負わないので投資運用経験少な従業員は安心できるメリットがある。

キャッシュ・バランス・プラン




キャッシュ・バランス・プランと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャッシュ・バランス・プラン」の関連用語

1
54% |||||


キャッシュ・バランス・プランのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャッシュ・バランス・プランのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS