インターロックとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 走査電子顕微鏡用語 > インターロックの意味・解説 

インターロック【interlock】

安全性高めるために)組み合わせ動作するようにしたもの連動装置。「アルコールインターロック」


インターロック interlock

連動して動作する安全機構。一般には、ある操作をしようとすると、安全のため、関連する部分の状態を確認して、その操作実行許可したり、禁止したりする機構を言う。例えば、鏡筒部が十分な高真空なっていないと、電子線発生できない様な機構を言う。

関連する用語

インターロック interlock

相互干渉を防ぐこと。②ある条件が満足されていない時、機器始動できないようにすること。水冷エアコン場合冷却水ポンプが運転されていないのに、圧縮機だけを運転するような誤操作避けるため、圧縮機操作回路インターロック接点を入れておく。

インターロック

ジーンズシームなど、生地生地縫い合わせるための縫製方法で、インターロックシャツなどの脇線の縫製にも使用される。歴史的に見ると、2耳付き生地使用した割縫い片方生地だけに耳を使用した片耳の割縫い、耳のない生地使用した割縫い、という変遷経て開発された効率的仕様でもある。生地合わせ縫いした後に、前述の割縫いのように生地を割らず、かがり縫いを施す。広幅デニム開発普及同様に大量生産に対応するために生まれ製法としても知られる。

インターロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/19 13:19 UTC 版)

インターロック




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インターロック」の関連用語

インターロックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インターロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2021 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
WranglerWrangler
Copyrights2002-2021(c) Lee Japan Co.LTD. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS