インターロッキングブロックとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 産廃用語 > インターロッキングブロックの意味・解説 

インターロッキングブロック

 舗装などに使うコンクリート二次製品

 周辺凹凸設けコンクリートブロックで、それを組み合わせ舗設して、歩道などの広い平面作るようにした製品。あまり強度要求されないので、廃棄物材料に使われる。


インターロッキングブロック

インターロックとは「かみ合わせる」の意味。ブロック側面波状コンクリート製かみあわせブロックで、歩道広場カーポートの床などに用いられることが多い。ブロック目地から雨水地中浸透するため、地下水保全透水性舗装材としても用いられる。

インターロッキングブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/19 05:19 UTC 版)

インターロッキングブロック(Interlocking Block)とは、舗装に用いるコンクリートブロックの一種。




「インターロッキングブロック」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インターロッキングブロック」の関連用語

インターロッキングブロックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インターロッキングブロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2020 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2020 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターロッキングブロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS