アカダモとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > アカダモの意味・解説 

ハルニレ

別名:アカダモ,
【英】:Ulmus japonica
(ニレ科)


北海道本州四国九州、さらにサハリン朝鮮中国などに分布しています。その蓄積日本では北海道で一番多くそのため北海道イメージ現すときにニレとかエルムという形でこの木の名前が使われているのをご存じでしょう。同じ属のなかにはこのハルニレのほかにアキニレ(U. parvifolia)とオヒョウニレ(U. laciniata)があります

木材
心材辺材の間の境界明らかに見えます。前者はくすんだ褐色で、後者はくすんだ白色です。大き道管環状配列するため、年輪ははっきりとしています。木理通直で、肌目は粗です。幹にコブのあるような場合には、美しが材面にあらわれ化粧的な価値が高くなります。そのあらわれ方によって色々な名前が付けられています。気乾比重は0.42-0.63(平均値)-0.71でやや重硬な木材です。保存性は低いといえます。切削などの加工どちらかといえば難しいといえます。曲木できます表面仕上りはあまりよくありません。

用途
家具器具車両などがあります最近内装家具などで、淡色木材が好まれた時期があり、柾目どりをした単板天然木化粧合板かなりの量使われました。またその時にムクの板も家具などに使われ、ちょっとしたブームになりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アカダモ」の関連用語

アカダモのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アカダモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS