アイソメとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > アイソメの意味・解説 

逢初【アイソメ】(草花類)

登録番号 第13788号
登録年月日 2006年 2月 27日
農林水産植物の種類 スイトピー
登録品種の名称及びその読み 逢初
 よみ:アイソメ
品種登録の有効期限 25 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 宮崎県
品種登録者の住所 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号
登録品種の育成をした者の氏名 八反田憲生、中村薫日野宏俊、柴田和美郡司定雄、村田壽夫、富永
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「イースターパレード」に「パーシースロワー」を交配して育成されたものであり、花は旗弁上部の色が鮮紫、中央部の色が明紫で、翼弁上部の色が鮮紫、中央部の色が明紫の春咲き型の切花向きの品種である。型は高性、最小径は太、最大径はかなり太、アントシアン発現有無は無、第一次分枝発達程度は少、節間長は長である。複葉対数は1、型は広卵形、波打の程度は中、着角度は斜上、葉長は長、幅は広、たく大きさ及びの色は中、ふ入り有無は無、葉柄着生部の色は有、長さは長である。花の着生密度は中、向きは斜上、花形オープン花径旗弁長、旗弁幅、翼弁長、翼弁幅、舟弁長及び舟弁幅は中、花弁斑紋有無は無、旗弁上部の色は鮮紫(JHS カラーチャート8605)、中央部の色は明紫(同8604)、下部の色は淡紫(同8602)、翼弁上部の色は鮮紫(同8605)、中央部の色は明紫(同8604)、下部の色は淡紫(同8602)、舟弁上部の色は浅紫(同8603)、中央部及び下部の色は黄白(同3301)、旗弁の形は全縁翼弁の内曲は弱、旗弁の数は1、翼弁の数は2、がくの形は鐘状大きさは中、色は無、雌ずい有無は有、雄ずいの数は10、花柄太さは太、小花柄太さは中、花柄長さはやや長、小花柄長さ一花房当たりの花数及び香りは中である。開花習性は春咲き型、春咲き性の開花期早晩はやや早である。「スーパーローズ」及び「スーパーミッドブルー」と比較して、旗弁上部の色が鮮紫、中央部の色が明紫であること、翼弁上部の色が鮮紫、中央部の色が明紫であること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成6年宮崎県総合農業試験場宮崎郡佐土原町)において、「イースターパレード」に「パーシースロワー」を交配し、その実生の中から選抜以後固定を図りながら特性の調査継続し、15年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。



会染

読み方:アイソメ(aisome)

所在 長野県北安曇郡池田町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイソメ」の関連用語

アイソメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイソメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS